ズームがよく使っていましたが、シューズケースをリメイクしたキャットハウスは場所をとるのと痛みが気になったので処分しました。

この日は
2階の3つの部屋にズームを挟んでダルタニアンと彼のガールフレンド、下にポルトスとビッグヘッドが寝ています。

最初に置いた3匹用のキャットハウスは隣に並べて置くことにしました。
今日はジュニアが占領しています。

プリンセスはひとりでいるのが好きなのでたいてい家のバルコニーで過ごしています。

この日、ゴロゴロ猫は出かけていました。
彼は寝場所を常に替えるので私は何か所か用意しています。

おやつの時間になると、私は彼らに合図をします。
すると、猫たちが一斉に入口から顔を出します。
この瞬間が私のお気に入りです。
俊敏なポルトスが飛び出して来て、ダルタニアンのガールフレンドが続きます。

私のもうひとつの楽しみ。
ポッチャリのビッグヘッドが小さな入口から出てくる様子はとても可愛いです。

慎重・・・なのでしょうか?
ズームとダルタニアンはおやつの実物を見るまでは動きません。

表の庭のママキャットにもおやつの時間を知らせに行きます。

今、ママキャットとプリンセスのためにもう少し過しやすいキャットハウスを準備しているところです。

猫たちのダイニングテーブルでおやつの時間が始まりました。
ほかの猫たちが食べ始めるのを見てようやくダルタニアンが出てきました。

ズームのために部屋の前までケータリングです。

天気のいい日はと言うと・・・

ズームは賢いので最初からダイニングテーブルで待っていますが、彼女を除く全員が戸口の前で待っています。

これはこれで真剣さが可愛い。