到着して間もなく、とても痩せていた母猫はミルクを十分に作ることができませんでした。子猫たちは元気がなく、到着直後20gほど体重を減らしてしまいました。私たちはウェットフードやベビーフードを使った栄養価の高い食事を与えました。おかげで子猫たちの体重が増え始め私たちは少し安心しました。しかし母猫はまだあまり食べようとしませんでした。

母猫はなかなか落ち着くことができずに私たちの家の中に自分が安心できる場所を懸命に探していました。彼女は子猫たちをベッドの下に移動させ、2日後には再び子猫たちを浴槽に移動させました。
母猫は浴槽を気に入ったようで、おかげで私たちはお世話がしやすくなりました。
私たちは母猫の傍にキャットフードを置いて話しかけ、彼女に安心してもらうためにかなりの時間を費やしました。

母猫はとても愛情深く、子猫たちから一時でも目を放しませんでした。若い母猫は子猫の身体をきれいにするのも不慣れな様子でしたが、到着して数日の間にかなり上手になりコツを覚えたようでした。
少しずつ私たちに慣れてきた母猫は1週間後にようやく食事の量が増えてきました。

私たちは一家に台湾のデザートに因んだ名前を付けました。母猫にアイユ、3匹の子猫にそれぞれマンゴー、パール、ビーンです。
子猫たちはアイユのミルクを補って与えていた栄養食のおかげで順調に体重を増やしました。
私たちに信頼を置き始めたアイユもサーモンのウェットフードを気に入り食べる量が格段に増えました。

成長と共に子猫たちは浴槽の外を探検したくなりましたが、アイユは子猫たちが這い出そうとするたびに連れ戻しました。アイユも外に興味を持っているのですがまだ怖くて出ようとはしませんでした。私たちはいつか4匹が家の中を走り回るのを楽しみにしていました。

体重を増やしたアイユはミルクを作れるようになり、子猫たちの成長も順調でした。それに伴いアイユの周囲への恐怖心が薄れて行き一家は浴槽の外で暮らし始めました。
生後4週を迎えた子猫たちはオモチャで遊んだり、私たちの膝に上ったりするのが大好きになりました。
アイユも子猫と同じように遊びを楽しむようになりました。彼女も本来はまだ子猫と言ってもいいくらい若い猫でしたから。

アイユは到着したとき、子猫たちを必死で守ろうとしていました。私たちが子猫のお世話をするときも決して視線を外しませんでした。アイユは常に子猫たちの安全を優先していました。
ほんの短い時間ですが私たちは毎日子猫達に家の中を探検させました。養育室を出るときアイユはいつも子猫たちの安全を確認しるように何度も鳴いていました。
成長した子猫たちはアイユからたくさんのことを学んでいます。子猫たちが私たちのベッドに上る方法を編み出すと、一家はベッドを占領してしまいました。

アイユは遊び心があって私たちが投げたボールを持ってくるのが大好きです。でも子猫が鳴くと彼女は子猫の所へ飛んでいきお世話に夢中になります。我が子にも人間にも愛情深いアイユに誰かが心を奪われないはずがありません。
アイユに愛情を注がれている子猫たちもきっといい旅立ちを迎えるでしょう。
今のところアイユと子猫たちは居心地のいい場所で一緒になって楽しんでいます。