外でクリケットの声がしたと思ったらモーはあっという間にドアの外にいます。

『隣に行ってくるよ、ママ!朝ご飯はあとでいいから隣に行くよ!』
たぶんそんな感じね。

2匹が顔を合わせるとすぐに追いかけっこが始まります。
合図なんていりません。
走るモーをクリケットが思い切り尻尾を振りながら追いかけるんです。

始まりはクリケットが散歩をしているときでした。
モーがあちこちから姿を現すようになりました。
隣人の庭からだったり、通りを渡って来たり。

やがて柵の扉を開けるとモーは玄関でクリケットが出てくるのを待つようになりました。
時には45分、クリケットが出てくるのを柵の扉の外で待っていることもありました。
モーはクリケットが彼の前に現れるまで辛抱強く待ち続けていました。

モーはクリケットの身体に頭をぶつけて挨拶します。

モーが地面に転がると、クリケットは円を描くようにクルクルとモーの周りを飛び跳ねて走ります。

私たちの一番のお気に入りは2匹がロマンチックに過ごすときです。
モーとクリケットが繰り返しキスをしているように見えます。

もしモーがクリケットの家に入っていったら、一直線にクリケットのボウルへ行ってドッグフードを食べます。
それからソファやテーブルに飛び乗ってクリケットとゲームを始めます。
ゲームはそのまま庭へ場所を移します。

ときどきモーはクリケットのリードを疎ましそうに見ている気がします。
そうね、きっとからはこう思っているわ。
『これさえなければ、もっとクリケットと近所を楽しめるのに!』

きっとモーはとんでもない冒険をクリケットと楽しむはずよ。

クリケットとモーはいつもお互いを気にかけていて、会った瞬間に幸せになっています。
私たちはモーとクリケットが違った種同士の親友でそれが彼らの一番いいところだと思っています。
みんな仲良くやっていけることをクリケットとモーが証明してくれています。
犬は猫を追いかけて、猫は木に上るでしょう。
モーは自分を追いかけるクリケットが大好きですから。