母猫は体重が約3kgしかなく骨と皮のように痩せていました。数日後、動物病院で診察を受けた母猫は幸い血液検査の結果に異常はなく、感染症にもすべて陰性でした。被毛に隠れて目立ちませんでしたが、足の傷はほかの動物に咬まれたようにいくつかの刺し傷があり、股関節にもわずかな腫れが見られました。
恐らく納屋に侵入した動物を外に誘い出し、ケガを負いながら逃げたときの傷だと思われました。

母猫が命がけで守っていた子猫たちは全員がとてもきれいでした。
カラフルな子猫達を見て私は大好きなメキシコ料理に因んだ名前を付けようと思いました。
鼈甲色のメスにチミ、タキシードのオスにタコス、明るい三毛のオスにピコ、濃い三毛のオスにサルサ、グレーと白のメスにチュロス。そして母猫にチリ。

私の自宅で暮らし始めたチリはすぐに元気を取り戻し始めました。
彼女は部屋の中を確かめた後、用意していた寝床でゆったりと横になると子猫達にミルクを与え、1匹ずつ丁寧に体をきれいにし始めました。

私はチリを健康的な体重まで増やすためにたっぷりの食事と栄養価の高いサプリメントを与えました。
チリを動物病院へ連れて行ったとき、彼女は怖がりもしなければ騒ぐこともありませんでした。診察台の上にじっと座って私たちが彼女を助けようとしていることを分かっていたようです。
あまりにも模範的な患者ぶりに、動物病院のスタッフ達はチリにすっかり魅了されてしまいました。

チリに愛情を注がれてきた子猫たちは、遊び心がいっぱいで部屋の中を走り回ったり、レスリングをしたり、飛び跳ねたりとても忙しく遊びました。
思い切り遊んだあとはチリの胸に顔をうずめてたっぷりのミルクをもらいました。
そんな子猫たちはチリにいつもきれいにしてもらいました。
我が子にたっぷりの愛情を注ぐチリと、そんなママが大好きな子猫たちの姿は私をとてもしあわせな気持ちにしてくれました。
チリの子猫たちは彼らが一番必要とするママの愛情を惜しみなく与えられていました。

2週間ほどでチリの脚のケガはほぼ完治し、順調に体重を増やすことができました。過去1週間の彼女の回復ぶりは目を見張るものがありました。
チリはリラックスして子2週間ほどでチリの脚のケガはほぼ完治し、順調に体重を増やすことができました。過去1週間の彼女の回復ぶりは目を見張るものがありました。
チリはリラックスして子猫たちと過ごせることをとても喜んでいるようでした。
猫たちと過ごせることをとても喜んでいるようでした。

3週間ほどで子猫たちは柔らかい固形の食べものを食べるようになりました。
全員がトイレを完璧に使い、何より元気いっぱいで、自宅に連れて来た頃に比べるととても大きくなりました。
それでも子猫たちは遊び疲れるとママのミルクをもらいにやってきます。
チリは彼女の食事中に子猫がミルクを飲みに来ることを気にすることはありません。
彼女は子猫が欲しがるといつでもミルクを与えました。

子猫たちが時期を迎えたら、新しい家族を探す準備を進めることにあります。
それはすぐそこまで近づいています。

私はチリさえかまわなければ、彼女の避妊治療が終わるまで子猫たちと一緒に過してらおうと思っています。
チリが命がけで守り通した子猫達にとって、ママと一緒に過ごす時間に勝るものはありません。
それはチリにとっても同じことです。
チリは私が養育してきた猫の中でも最も優れた母猫の1匹です。
チリの胸に子猫たちが集まって全員でお昼寝をしているとき、それが彼らの最高に幸せな時間です。