キャリーケースに近付いてきた子猫たちでしたが、
臭いのせいか
中にいるのが母猫だと分からないようです。

『知らない猫』に警戒して
怖がってしまう子猫もいます。

子猫たちの背中が一斉に膨らみ始めました。

キャリーケースから後ずさりして徐々に距離を取っていきます。

・・・子猫たち、固まってしまいました。

思い切り背中を膨らませたまま固まっています。

でも…なんとなく母猫を感じるのか
かなり混乱しているようです。

母猫を休ませるためのケージを作り、母猫をその中に入れました。

でも、ケージは必要なかったかもしれません。

子猫たちは部屋の隅に集まって

ケージに近付こうともしませんでした。

翌朝。

ケージは子猫たちのオモチャになってしまいました。

子猫たちのお昼寝が始まると、いつものように母猫の周りに集まって眠りました。
昨夜、母猫はよく眠れたようですね。

病院の臭いが私の想像以上に子猫たちを混乱させてしまいました。
でも、母猫は分かってくれているようですね。