リラが生後5か月を迎えたとき、私たちは生後1か月のジャーマンシェパード、コーダを家族に迎えました。
リラにコーダを紹介したとき、彼女は何度か彼の匂いを嗅いですぐに寄り添うようになりました。
リラとコーダは一瞬で意気投合し、それからは1日の殆どを一緒に過すようになりました。

コーダにとって大きな兄のような2匹のジャーマンシェパード、カドとケンバも彼を可愛がってくれました。
まだ赤ちゃんだったコーダは私たちがトイレに入るととても淋しがりました。すると、リラはコーダのためにトイレのドアの前で鳴きました。4か月年上のリラはまるでコーダの姉のようでした。

リラとコーダは家の中でお互いの後を付いてまわり、いつも行動を共にしていました。
活発なリラはコーダとプロレスごっこをするのがお気に入りで、小さかったコーダと互角か優勢に立って戦っていました。

思い切り遊んだあとはひとつのベッドで抱き合ってお昼寝をしました。
そして、リラはコーダの体の隅々まできれいに掃除をしてあげました。

コーダはしばらく、自分を猫だと思っている節がありました。
幸いカドとケンバが居てくれたおかげで彼の混乱はなくなりましたが・・・(笑)

リラは信じられないほど生意気でそっけなくコーダの注意を自分に集中させることができます。
リラはコーダを追うのが大好きで私たちはリラがどうやっているのかは分かりませんが、とにかくそれが始まるとコーダは家中を駆け回り始めます。
一日中、一緒に遊び、一緒に寝てリラとコーダの絆は深まるばかりです。

私たちはリラと兄弟を新しい家族のもとへ届けるためにこの家に連れて来ました。1匹だけ残ったリラはここでコーダと出会いました。
その出会いは私たちの家族をより完全に満たしてくれました。今やリラのいない人生なんて私たちには想像もできません。
リラとコーダの絆は私たち家族の宝物です。