モリーはミルクを出すことができませんでした。子猫を温めたり、体をきれいにしたり懸命にお世話をしていたのですが、4匹の子猫のうち、1匹は出産から数分で息を引き取り、数日後には2匹が次々に亡くなってしまいました。
生き残った子猫は新生児結膜炎を発症していて少し元気がありません。
私たちはモリーのためにも生き残った子猫を何とか救いたいと思いました。

私の自宅で暮らすようになったモリーは子猫をずっと抱きしめて温め、体をきれいにしたり、排泄を助けたりとミルクをあげる以外完璧なお世話をしていました。
モリーは生き残った子猫をとても大事にして懸命に守ろうとしていたのです。
私は子猫にミルクを与え、処方された抗生物質と点眼薬を1週間続けました。

最初の数日間、モリーは私が子猫にミルクを与えるたびに心配そうにしていました。私がミルクをあげる間、モリーはずっと子猫を見守り目を放そうとしなかったのです。
しかし、私がモリーや子猫を助けようとしていることに気付くと私に信頼を置くようになり、私とモリーは素晴らしいチーム組むようになりました。

モリーは私にお腹を擦られたり、耳を擦られることを楽しめるようになり、私が子猫のお世話をする間に短い休憩をとりながら私と子猫を見守るようになりました。
猫はとても知的な動物なので、モリーの表情からは子猫が生き延びようとしていることに深く感謝していることが伝わってきました。

モリーと私は24時間体制で子猫のお世話を続けました。
そのおかげで子猫は次第に健康を取り戻し、体重を増やし体力を蓄えることができました。
子猫が4週目に入ったとき少しずつ歩くようになり、私は子猫にサーと名前を付けました。

その後のサーは小さくてもとても力強くてまだ十分に足を使えない時から冒険が大好きでした。

サーが初めてトイレを自分で使ったときのことです。
モリーは付きっきりでサーの頭をつついて励まし、サーがトイレから這い出るとモリーは我が子の小さな顔を舐めて褒めていました。
とても微笑ましくて素晴らしい光景でした。

モリーの愛情を一身に受けたサーは日に日に大きくなっていきました。
順調に成長する我が子に、モリーも少し安心することができたのか彼女のガードは少しずつ緩んできました。
それでもサーが無事であるかを確認するために常に目を光らせていました。

モリーはすでに避妊治療を受けていて、サーも時期を迎えたら新しい家族を探すための最後の準備を整えていきます。
サーに深い愛情を注ぐモリーにとってこれが最後の子育てになります。

モリーは3匹もの我が子を失くす辛い経験をしましたが、私はモリーにとって最後で最愛の我が子と一緒に過せたことが何よりの慰めだと思っています。