子猫は生後約3週のオス、とてもきれいに手入れをされていて健康上の大きな問題は見つかりませんでした。母猫が愛情を注いでお世話をしていたに違いありません。
自宅に着いた子猫はとても怖がって一生懸命に威嚇してきました。

通常、子猫は驚かされたり脅されたりするとシャーッという威嚇する鳴き方をします。特に小さな子猫は、嗅いだことのない匂いや慣れない匂いを嗅ぐとシャーッと鳴きます。子猫たちはそうやって母猫や兄弟に危険や敵が近付いている可能性を知らせています。それは防衛本能からくるものです。とても賢い納屋の子猫を私はとても愛おしく思いました。

私はフルタイムの仕事をしながら養育ボランティアの活動をしています。小さな子猫のお世話には私の家族が全面的に協力してくれています。納屋の子猫のお世話に関しても、時間ごとのミルクや体をきれいにするために家族が協力してくれました。
私は子猫が淋しい思いをしなくてすむように子猫のベッドに大きなテディベアを置きました。
子猫はクマさんの陰に隠れてみたり、腕にしがみついていました。
私が育てる同じ年頃の子猫に紹介できれば子猫も淋しくないでしょうが、感染症の心配がなくなるまで、納屋の子猫はしばらく1匹で過ごしてもらおうと思いました。

数日後、私のもとに背の高い草に囲まれた畑で見つかったという3匹の子猫がやってきました。
子猫達を発見した家族は母猫を探し、戻って来るのを待っていましたが母猫が姿を見せることはありませんでした。
子猫たちはとても小さく、全員が目に炎症を起こしていました。
特にグレイの子猫は衰弱して無気力になっていました。家族が救わなければきっと1日と生き延びることはできなかったでしょう。

私たちは子猫達を温め、栄養価の高いミルクを3時間ごとに与え、薬を与えました。
子猫たちのベッドには心臓の鼓動を再現したぬいぐるみを入れました。
幸い2匹の子猫の食欲は旺盛でした。グレイの子猫はほかの子猫より小さい上に到着した直後には下痢や食欲不振に苦しんでいました。
しかし1週間もすると状態が安定しかなり元気を取り戻すことができました。

グレイの子猫が元気を取り戻すのを待って私は納屋の子猫と畑の3匹を紹介しました。

子猫たちはひとつの囲いの中でお昼寝をしたり一緒に遊ぶようになりました。
きっといい友達になっていくでしょう。
そろそろ4匹の名前を決めなければなりません。

養育ボランティアの活動は家族時には友人の協力に支えられています。
私の場合、今回も養育とフルタイムの仕事を両立するために時間の調整が大変でした。グレイの子猫は安定するまで職場でお世話をすることもありました。
子猫たちは養育ボランティアだけでなく、その周辺の人たちの協力に支えられて救われています。

納屋の持ち主やその友人、畑で子猫達を見つけた家族は今も子猫たちの母猫を保護しようと探し続けています。
彼らと私たちは2匹の母猫に避妊治療をしたいと考えています。
1日も早く保護されることを願うばかりです。