その日私は姪の誕生日を祝うために兄の家を訪れていました。そこで兄から数か月前から庭に住んでいる猫の話を聞きました。私は庭に出て猫に近付けるか様子を見てみることにしました。
びしょ濡れの段ボール箱を覗いてみると猫は寒さに震えていました。
猫は私を見るとふれあうために立ち上がって近付いて来ました。
撫でるととても人懐っこくて優しい猫でした。

猫の目が病気になっているのが分かり、私はその猫を家に連れて帰ろうと思いました。
私は猫をマーシーと呼ぶことにしました。

動物病院で診察を受けたマーシーは目の問題とお腹の寄生虫、肺炎と肺の感染症、さらに皮膚に問題が見つかりました。
数か月の外の暮らしはところどころ被毛が抜けてしまうほどマーシーの健康を奪ってしまっていました。
私とパートナーは長い時間が必要でも、必ずマーシーを健康に戻そうと思いました。

マーシーは私たちの家で落ち着く場所を見つけると丸まって何日も眠って過ごしました。
辛い経験をしたマーシーは、ようやく温かくて寝心地のいい場所ができたことに喜んでいるように見えました。

マーシーは私やパートナーの腕の中で丸くなって寝ることでした。彼女は100%ふかふかの毛布と人間の温もりが大好きです。マーシーは抱きしめられたり体を包まれるのが大好きなのです。私たちが家にいるとき、マーシーはほぼ私たちにぴったりとくっついています。
ひとりぼっちだった数か月の寂しさを取り戻しているのかもしれません。

辛い経験をしたマーシーはそれでも愛情を忘れず私たちに信頼を置いてくれました。
幸せそうに寛ぐ姿は私たちを豊かにしてくれています。
マーシーは私が出会った猫の中で最も優しくて最も愛情にあふれている猫です。

これからのマーシーの人生が彼女にとって快適で満たされたものであるように私たちは願っています。