2015年4月26日。その日は日曜日でした。
見つけたときは死んでいるかと思いました。動物病院が休みなのでガールフレンドが子猫をきれいにしました。これでもかなりきれいになったんです。助けたときの写真はありませんがとても危機的な状態でした。口の中は血と砂利でいっぱいで、閉じた目も血まみれだったのです。子猫を本当に助けられるのか・・・私とガールフレンドは子猫のことが心配でした。

母猫が戻って来るかもしれないとずいぶん待ちましたが、彼女が戻って来ることはありませんでした。子猫は母猫に置き去りになってしまったようです。
私とガールフレンドは子猫を温かく保ち、シリンジで水分を与えました。そして子猫にペニーと名前を付けました。

翌日、私は仕事だったのでガールフレンドが動物病院へ連れて行きました。獣医師はペニーが生後約1週間ほどで、状態がよくないと言ったそうです。診察の時、獣医師はペニーの口の中からたくさんの砂利を取り出し、彼女の目を心配しました。
そして親切な獣医師は私たちにミルクと小さな子猫の世話に必要なすべてのものをそろえてくれました。

数週間、私とガールフレンドは協力してペニーに時間ごとのミルクを与え、目をきれいにしました。
少しずつ回復に向かったペニーはようやく目を開き始めました。この頃ペニーの顎がわずかに傾いていることに気付きました。ペニーには右上の歯がありませんでした。

獣医師は何かにぶつけたのかあるいは殴られたのか、母猫はケガを負って衰弱していたペニーを諦めたのだろうと言いました。
ペニーはよく右目が涙目になっていましたが、その傾いた顎のおかげでいつも少し微笑んでいるように見えました。私とガールフレンドはペニーのほほえみをとても愛おしく思いました。

ペニーが2か月を迎えたとき、私たちは一緒に暮らしてきたエデンに紹介しました。
2匹はすぐに仲良くなり、多くの時間を一緒に過すようになりました。
5か月目を迎えると順調に成長したペニーはエデンを圧倒するほど元気になっていきました。

ペニーが家族に加わって8か月。今や健康的なポッチャリ子猫になったペニー。
彼女は元気いっぱいで遊びに忙しく、遊んでいないときはエデンか私たちと抱き合っています。
ペニーのお世話は母猫の代わりにすべてを教えなければならなかったので正直大変でした。
でも素晴らしい経験でした。
私とガールフレンドはいつも微笑んでいるペニーを自慢に思っています。