『外で昼寝をしていて目を覚ましたら、お腹の上で野良猫が寝ていてまだ寝ています。』

その日はテレビゲームをする以外に携帯を見るくらいで何も予定はありませんでした。
庭の椅子でいつの間にか眠ってしまいました。
2時間ほど経って目が覚めるとお腹の上に何かが寝ていました。

最初はネズミかと思いましたが小さな子猫でした。私が目を覚ましても子猫はまだ眠っていました。

子猫が目を覚ましました。私の目をじっと見つめながら20秒くらいずっと鳴き続けました。不思議なことに子猫は私を怖がりませんでした。
お腹が空いているだろうと思ったし、私も小腹がすいていました。
子猫の食べものは家にはありませんが、母の鶏の手羽先の残りがあったので子猫と分け合って食べました。

汚れていた子猫をお風呂に入れました。子猫はおとなしくもフレンドリーでもありませんでした。私は灰色を汚れだと思っていたので15分ほどかけてしっかりと洗いましたが、後で毛の色だと分かりました(笑)
きれいになった子猫を動物病院へ連れて行きました。
50分ほど待ってようやく診察を受けることができました。幸い、子猫に病気もノミの類も見つからず、3種類ほどの予防接種をしてくれました。
帰りにキャットフードを買うために地元のスーパーに向かいました。

私は子猫にエンジェルと名前を付けました。
エンジェルは私のベッドで眠るので彼女のために買った小さなベッドは部屋の隅で埃をかぶっています。そして、エンジェルはなぜか私の靴が大好きで彼女のために買った像のぬいぐるみよりも愛しています。

私はどちらかといえば友達も少ない方です。ペットを飼ったこともありませんでした。なぜかエンジェルは始めから私を選んでいました。
私の投稿にたくさんの人からメッセージが届きました。エンジェルに選ばれたことや、エンジェルが家を見つけたことをたくさんの人が喜んでくれました。