私たちは子猫にベラセンと名前を付けました。
ベラセンは動物病院で治療を受け、彼らは健康な状態になるまでお世話をしてくれました。
しかし、ベラセンには頭部のケガが原因で神経系に後遺症が残ってしまいました。
ベラセンが歩くことを覚えたとき、彼はまっすぐに歩けなかったのです。
ベラセンは歩こうとすると左へ左へと回ってしまったのです。

シェルターでベラセンと出会ったとき、私たちは小さな円を描いて左へ回るベラセンに心を奪われてしまいました。
子猫は一生まっすぐには歩けないと思いました。
でも、私たちはベラセンに家族として寄り添いたいと思ったのです。
私たちの家にやって来たとき、ベラセンはゴロゴロと喉を鳴らしました。
最初の数週間、ベラセンはまるでワルツのステップを踏むように歩いていました。
しかし私たちと遊びたかったベラセンはあるときからオモチャを銜えて壁に沿って歩くようになりました。
驚いた私たちはベラセンを一生懸命ほめて励ましました。
すると、少しずつまっすぐに歩けるようになっていったのです。

ベラセンは私たち家族の愛情の中ですくすくと成長しました。
そして2歳になったベラセンはほとんど普通の猫と変わらなくなりました。
だけどちょっと変わった個性を持っています。
ベラセン特有の習慣がいくつもあります。

①彼はボウルの右側からは食べません。いつも左側から食べます。
②私たちがベラセンの左側にいることを好みません。彼は私たちが右側に隠れるとは思っていないので、270度回って私たちを捕まえます。
③何かをするとき必ずニャーと鳴き、忍者のように待ち伏せて私たちをびっくりさせます。
④私たちがくしゃみをするか大きな音を立てると、長い間鳴くか感情的なおしゃべりをしてがっかりしていることを知らせます。
⑤彼は椅子に座るとき必ず端に座ります。
⑥混乱すると360度回転します。まるで再起動しているみたいです。
⑦彼はジャンプを失敗するのを予想していつも必要以上に高くジャンプします。

そして、とても忠実なので?夜中にトイレに行くと必ずついて来ます。
ベラセンは夜寝ていて夜中に騒ぐことはありません。
私がトイレに起きると、一緒に行くために眠いのを我慢して起きています。
とても眠そうな顔をしているのが可愛くてたまりません。

以前、私たちはベラセンの右目の視力を疑って検査を試みましたが、彼は全く興味を示し結果を知ることはできませんでした。
ベラセンを見ていると、ヒゲのナビゲートが間違って伝わっているように感じることがあります。
だけど、ベラセンは何か誤った感覚を持っていたとしてもほかの感覚を使います。
右目やヒゲが誤った情報を伝えても、耳を使って正確に動いているのだと思います。

投稿を見たたくさんの人達はベラセンが普通に暮らしていることを喜んでくれました。
ベラセンは私たちに愛されていることを知っているし、人生を楽しんでいると思います。