ニューヨークにあるポツダム動物愛護協会で長い間、ボランティアをしていた大学生のレイチェルさんがボランティアを卒業することになりました。
そしてボランティア最後の日のこと、レイチェルさんが保護動物たちにお別れの挨拶をしていると1匹の保護猫がレイチェルさんに抱きついてきました。
その姿はまるで「行かないで!」と言っているかのようでした。

レイチェルさんは驚くとともに思わず泣き出してしまったのです。
猫を抱いてレイチェルさんはそのまましばらく動くことが出来なかったようです。

レイチェルさんは猫の予想外の行動に胸が熱くなり、ずっとこの子と一緒にいたいと思ったそうです。
しかし、現在レイチェルさんは大学の寮に住んでいるため猫を飼うことが出来ません。

レイチェルさんは随分悩みましたが、一旦実家に連れて行くことで猫を引き取ることにしたのです。
レイチェルさんが大学を卒業したら一緒に暮らすそうです。
あの日、最後にレイチェルさんに抱きついた猫の想いが通じて良かったですね。
レイチェルさんが無事に卒業して少しでも早く一緒に暮らせるようになるといいですね。