ある男性が農場で作業をしていると子猫の叫び声が聞こえてきたため声のする方向へ近づいて行くと生後間もない子猫を発見しました。
男性は近くに母猫がいるかもしれないとしばらく待っていましたが、母猫は戻って来ないため自宅へ連れて帰りました。
男性は地元の動物保護施設「シャトン・オルフラン・モントリオール」へ連絡をし、子猫が生後1日も経っておらず衰弱している様子であることを伝え、子猫を引き取ってもらえるかどうか問い合わせをしました。
連絡を受けたスタッフのジェシカさんはミルクとシリンジを持って急いで男性の家へ向かいました。

子猫は脱水状態に陥りとても衰弱しており体重はわずか86gしかありません。
子猫を救おうとジェシカさんは子猫に「ウッディ」と名付けて、懸命な看病を始めました。
ウッディはとても食欲旺盛でジェシーさんがミルクを近づけるとシリンジを掴んでミルクを飲み始めたそうです。
ジェシカさんと獣医のキムさんは24時間体制でウッディの看病をしました。

ジェシカさんたちの懸命な看護のおかげで1週間後にはウッディの体重は200gを超えたそうです。
そして目が開いたウッディは部屋の中を愛らしい姿で歩いたりベッドの上で転げ回っています。

保護されてから数週間が経ち、ウッディは日に日に強く成長して養育主さんの家で元気いっぱいに過ごしています。
農場で生まれた日にひとりぼっちになり可哀想だったウッディでしたが、心優しい男性に保護されジェシカさんや獣医さん、養育主さんのおかげですくすくと成長しています。
今後、十分に成長したら里親さん探しが始まります。
幸せになってほしいですね。