壊滅的な山火事によってカリフォルニア州コンコーの街は焼けつくされました。
コンコーの隣町で動物の救助活動をしているシェイラ・サリバンさんは被災地の動物救助隊「コンコー911」に参加し現地で母猫と2匹の子猫の兄弟を発見したのです。
シェイラさんたちが近づくと子猫は外に放置された薪ストーブの中に隠れました。
日頃、母猫はコヨーテから身を守るために子猫たちの避難所として使っていたようです。
その甲斐あって火事から子猫たちを守る結果に繋がったのでしょう。
シェイラさんたちが近づくと母猫は逃げてしまいました。
子猫たちはケガを負っているようなので獣医さんの治療が必要です。
シェイラさんたちは子猫の保護を続けました。

シェイラさんの仲間の一人がゴムの手袋をつけてストーブの中に手を入れ最初に黒猫の子猫、次に茶トラの子猫を救い出したところ子猫たちは全身が冷たくとても人を怖がっていました。
シェイラさんは息子と一緒に地元の保護施設「フィールド・ヘブン」へ連れていきました。
施設の医療チームがすぐに子猫たちの治療を始めました。

スタッフは子猫たちを温かいタオルで包み、点滴を始めました。
スタッフたちは黒猫に「アッシュ」、茶トラ猫に「フェニックス」と名付けました。
弟のアッシュは兄のフェニックスより体が小さく、フェニックスはいつもアッシュを守っているようです。
スタッフの話では燃えさかる火事の中、フェニックスは毛やヒゲが焼け火傷を負いながらもアッシュの上に覆いかぶさり守っていたためアッシュは火傷も負わず、無事に生き延びることが出来たようです。
施設に来てからもフェニックスはアッシュを抱きしめながら守っています。

翌日、アッシュを守り続けていたフェニックスは安全であることがわかると全身の力を抜いてスタッフに火傷の治療をさせてくれました。
シェイラさんたちは被災地へ戻り母猫を保護しようと頑張っています。

フェニックスは大切な弟アッシュに寄り添いながら守っていますが、快方に向かっているようです。
2匹は成長したら里親さん探しが始まり新しい家族の元へ旅立っていくことでしょう。
これからも離れることなく一緒に引き取ってくれる飼い主さんに出会えるといいですね。