1匹の可愛い子猫ちゃんが飼い主さんのそばでくつろいでいます。
まだ生後3週目くらいでしょうか、幼い子猫ちゃんは飼い主さんが大好きなのでしょう。飼い主さんのことを一生懸命見ています。そしてそばを離れません。
穏やかな時間が過ぎていきます。

すると何か動きがありました。
「んにゃ?」
子猫ちゃんはあどけない顔で飼い主さんを見ています。

いきなり飼い主さんの手が動き人差し指がピーンと伸びてきました。
ツン!
飼い主さんの指は子猫ちゃんの鼻を突きました。
面食らった子猫ちゃんは唖然と飼い主さんを見ています。
何度も何度も飼い主さんの指は子猫ちゃんの鼻を突きます。
子猫ちゃんやられっ放しですね。

しかし、子猫ちゃんも鼻を突かれ前に向かって挑むように足を踏ん張っていますね。
子猫ちゃんでも腹が立っているのかもしれませんね。

何度も鼻をツンツンされて頑張って踏ん張っていた子猫ちゃんでしたが、限界に来たようです。
コテ!
バランスを崩して倒れてしまいました。

素早く起き上がって飼い主さんの方へ歩いて行きました。
子猫ちゃん踏ん張って疲れたのでしょう。
心なしか眠そうな目をしています。
この後、飼い主さんにくっついてスヤスヤとお昼寝したのかもしれませんね。