ある日、レニーさんが住んでいる街で1軒の家が全焼する火事が起きました。それから3日後にその家の横を通りかかったレニーさんは弱々しい子猫の声を耳にします。
レニーさんは辺りを探すと家の裏庭で火傷を負った生後6週ほどの子猫を発見しました。
レニーさんはすぐに子猫を保護し24時間対応の救急動物病院へ連れて行きました。
診察した獣医さんによると子猫は非常に弱っていて今晩を乗り越えられるか分からない状態とのことです。
獣医さんに色々とアドバイスをしてもらい連れて帰りました。

レニーさんは獣医さんのアドバイスに従って子猫に抗生物質と駆虫薬、そして痛み止めの薬を与え、夫と二人で懸命な看病をし続けました。
こちらが子猫の姿です。頭と背中に火傷を負っています。
レニーさんは子猫に「エンバー」と名付けました。
そして最初の夜をエンバーは無事に乗り越えることが出来、日に日に元気になっていったようです。

1ヶ月後、エンバーは火傷を負った部分はまだ毛が少ないですが、ご覧の通り全身の毛がフワフワになりました。
エンバーは長毛種だったのですね。
レニーさんもとても驚いたそうです。

エンバーはご飯をいっぱい食べてすくすくと成長しています。
そしてヤンチャで好奇心旺盛な子猫です。
すっかり家の暮らしに慣れたエンバーはいつの間にか王様になったそうですよ。

死の淵に立たされたエンバーですが、優しいレニーさんたちのおかげでびっくりするほどフワフワの子猫に戻りレニーさんたちに甘えて幸せな毎日を送っていくことでしょう。