ある日、とあるお家の庭から子猫の鳴き声が聞こえてきたので住人の家族が探してみると庭の花壇の中に生後3週くらいの子猫がいるのを発見しました。
子猫は目を開くことが出来ずに閉じたままでした。
家族は子猫を保護してタオルで包み目の周りを拭き、お風呂に入れて体をキレイにしてあげてから全身のノミを取除いてあげたのです。
そのあと、子猫は動物病院へ連れて行かれました。
診察を終えた子猫は帰りの車の中で幸せそうに眠っていたそうです。

翌日になると弱っていた子猫はかなり回復したようです。
閉じていた目も開きました。
家族は子猫のために煖房マットと毛布をたくさん用意し、子猫はその中で幸せそうに眠っていました。
家族は子猫に「デュオ」と名付けました。

元気に回復したデュオはとても元気で可愛い声で家族にお話をしてきます。
嬉しそうな顔をしていますね。

家族の家には先住猫が住んでいたのですが、デュオはその猫とも仲良くなりました。
そして家の中をしっかり探索して楽しんでいるようですね。

そして1年が経ちました。
デュオはすくすくと成長して大人の猫になりました。
あの日ボロボロの状態で家族に発見され、家族の優しい愛情のおかげで今幸せに暮らしています。
この先もずっとこの幸せが続きますように…