ある日、アメリカテキサス州のサンアントニオに「The Block」という野外のフードコートに1匹の野良猫「クリームパフ」が現れ、棲みついたのです。
クリームパフはとても人懐っこい性格でフードコートの利用者や地元の住人たちにいつも笑顔をプレゼントし可愛がられていました。
そんなある日、クリームパフがしっぽにケガを負っているのが発見されたのです。
ケガに気付いた地元の人たちはクリームパフを保護して動物病院へ連れて行き治療してもらおうと話し合った結果、1人の女性が申し出ました。
そして住人たちがクリームパフの治療費の寄付を呼び掛けるとたちまち2万5千円(225ドル)が集まりました。

いよいよクリームパフの捕獲作戦が始まりました。
女性は昼寝をしていたクリームパフにそっと近づき、名前を呼びながら頭を撫でてあげました。
頭を撫でられるのが大好きなクリームパフは嬉しそうにしています。
しばらく撫でた後、キャットフードの缶詰めを差し出すと美味しそうに食べ始めました。

少しずつフードの缶をキャリーケースの中へずらしていくとクリームパフは見事にケースの中へ入り、ファスナーを閉めても気づかないようです。
クリームパフの捕獲に成功しました!

さあ!車へ乗せて動物病院へ直行です。
クリームパフは車の移動中もおとなしくしていたそうです。

クリームパフは動物病院へ到着し獣医さんにしっぽの治療をしてもらい、予防接種をしてもらうとそのまま病院で1泊したのです。

翌日、無事に元のフードコートに戻ったクリームパフはお客さんや地元の住人に見守られながら元の生活に戻りました。
たくさんの人たちのおかげで元気になったクリームパフはこれからも今までのようにその可愛らしい笑顔をプレゼントしてくれるでしょう。