ある日、シンガポールに住んでいるマスズ・マスリさんが彼の息子と一緒にマレーシアにある遊園地「ダンガベイ」に行くため高速道路を運転していました。
走行していると中央分離帯のところにうずくまる1匹の猫を見つけたのです。

マスリさんは車を止めてすぐに猫を保護しました。
マスリさんは保護猫のFacebookページ「キティー・コネクション・コミュニティ」の管理者ということもあり猫を保護したときにとる行動をよく知っていました。
マスリさんは猫に「ダンガベイ」と名付け、すぐに動物病院へ連れて行きました。
病院へ向かう車の中で恐怖と痛みで固まっていた猫はシートの下に隠れていたそうです。

動物病院で診察してもらうとダンガベイは約1歳で右後ろ足を骨折し、足と胸に傷を負っていました。
ダンガベイは獣医さんに治療してもらい、安心したせいかマスリさんの膝の上に乗り幸せそうに喉を鳴らし始めました。
治療の間のしばらくはマスリさんの家で暮らしていたダンガベイは健康に回復すると新しい里親さんの家へ旅立っていきました。

あの日、どういういきさつでダンガベイが高速道路にいたのかは分かりませんが、怪我をしていたところをみると事故にあったのでしょう。
運よくマスリさん親子が通りがかったお蔭で命を救われました。
多くの車が走る中、マスリさんのとった勇気ある行動に胸が熱くなります。
まだ1歳のダンガベイ、これからの人生を幸せに暮らしていってほしいですね。