猫の「エスモアズ」は現在2歳ですが、体の大きさは8週齢の子猫くらいの大きさしかありません。
エスモアズは生後6週目のときにある事故によって頭部に外傷を負いました。
保護されて運ばれて行く途中にキャリーケースごと落ちてしまったのです。
エスモアズを診察した獣医さんはもう長くは生きられないだろうと宣告しました。
しかし、保護団体「オッド・キャット・サンクチュアリ」のスタッフたちは諦めずに看病しました。
この保護団体は今まで多くの高齢猫や病気の猫を迎えて世話をしてきた実績があります。
自力で食べることや飲むこともそして歩くことも出来ないエスモアズの献身的な看護が始まりました。

エスモアズは命の危険な状態から何とか持ち直すことが出来たのです。
しかし食べることが出来ないエスモアズは3ヶ月もの間チューブから栄養を摂っていました。
少しずつ元気を回復してきたエスモアズですが、体はほとんど成長しなくなりました。
しかし、確実に力強くなっていきました。
ゆっくりとまずはシリンジで水を飲み、容器に入ったごはんを舐め始めました。
そしてゆっくりと歩き始めたのですが、怪我の影響でいつも左回りに歩くそうです。

エスモアズは自力で少しずつ食べたり飲んだりできるようになっていき他の猫と変わらず様々なことができるようになりました。
成長が止まったエスモアズですが、いつもスタッフや友達の猫に囲まれて幸せそうです。
エスモアズを引き取ったのはこの団体の代表のためこの施設から他へ移されることもなく永遠の家なのです。

2歳になったエスモアズの体重はわずか900gほどです。
人や他の猫たちが大好きなエスモアズは絶えず話しかけながら左に円を描きながら歩いています。
毎日幸せと愛情に包まれ嬉しそうに喉を鳴らしています。

瀕死の状態からスタッフたちのおかげで生き延びることが出来ました。
もう何でもひとりで出来るのです。
そしてエスモアズはたくさんの愛情を感じながらこれからも幸せに暮らしていくことでしょう。