サークルの中にたくさんの猫が入っていますね。
多頭飼いの中で子育てするのは子猫に猫社会での社会性を学ばせるにはいい環境なのですが、母猫にとってはある意味大変です。
母猫がちょっと目を離すと子猫は好き勝手に動き回ります。
1匹の母猫がまったりと1匹の子猫を構ってあげていると別の子猫がサークルの淵に登っているのを発見しました。
「危ないにゃ!」
母猫は慌てて子猫を抱き抱えて下に降ろしました。
人間のお母さんと同じような行動ですね。

1匹の大きな黒い犬が白い小さな子猫と遊ぼうとしているようですね。
大きな口で子猫を促したりニオイを嗅いだりしています。
すると…子猫の母親がやってきました。
「アンタ、ウチの子に何すんねん!ええ度胸しとるにゃ!」
犬が固まっていると母猫はすかさず飛び掛かり、猫パンチ!
犬はタジタジです。

1匹の子猫が巣へ戻ってきたようです。
「あれ?入れにゃい。ママ!入れて~」
母猫は色々と考え、入れそうな場所に子猫を誘導し助けてあげました。
子猫は無事に中へ入って行きました。
人間顔負けの母猫の知恵に乾杯です。

こちらはにゃんともいえない動画です。
出産した母猫が子猫たちにおっぱいを与えています。
そして子猫たちのお兄ちゃんでしょうか、母猫の腰をマッサージ?
いえいえ、母猫の体でモフモフしています。甘えているのでしょうね。

最後はとてもアクロバティックな母猫です。
子猫を咥えて木を登っています。
母猫が登っている木は細くて折れそうな気がするのですが、器用に登って行きます。
子猫を咥えてかなりの重みがあると思いますが、やはり我が子を思う母親の心意気が感じられる光景ですね。
やはり母猫の母性本能は素晴らしいものがあると感じざるを得ない一幕でした。