ある日、夫婦が自宅近くの森を散歩していると1匹の子猫が鳴いているのを発見しました。
森の中で独りぼっちの子猫はとてもお腹を空かして取り憑かれたように鳴き続けています。
可哀想に思った夫婦は子猫を放っておけずに自宅へ連れて帰りました。
そして夫婦は子猫をすぐに動物病院へ連れていきましたが、子猫はどこも悪いところはなく健康でした。

夫婦は子猫に「ライザ」と名付け、家族として迎えました。。
ライザは新しい環境にすぐに慣れたようです。

夫婦はライザをとても可愛がりました。
ライザの可愛い姿を見るたびに夫婦は「この子と出会えて本当に良かった」と思っているそうです。

ライザが夫婦の家族となってから2年が経ちました。
可愛らしかったライザはすっかりおとなに成長しました。
とっても美猫ちゃんです。

あの日、独りぼっちだったライザは森の中で偶然通りがかった夫婦に出会ったことで今温かい家族とともに過ごしています。
もしも出会っていなければ今頃どうなっていたことでしょう。
すくすくと成長し美猫に成長したライザはこれからも優しい夫婦と一緒に幸せに暮らしていくことでしょう。