男性の自宅の庭には、助けを必要とし、居所のない猫がたくさん暮らしています。
ダルタニアンは庭のキャットハウスで暮らす3匹の中の1匹です。
ダルタニアンは庭で暮らす猫たちの中でも若いのですが、最近になってほかの猫とちょっとしたケンカをして鼻の頭に傷を作っていました。

ダルタニアンもそろそろ大人の準備をしなければ・・・
男性はそう思っていました。

温かくなって来た頃、見知らぬ猫が毎日のように庭に現れるようになっていました。

気が付くと、その猫は毎日庭へやって来てダルタニアンと一緒に過していました。
猫のお目当てはダルタニアン、彼にガールフレンドができたようです。

男性が近付いても逃げようともせず、向けられたカメラに興味津々のガールフレンド。

ダルタニアンはつかず離れず、ずっとガールフレンドから目を離しません。

ダルタニアンに訪れたはじめての恋。

ダルタニアンの恋を見守る男性は、彼の成長を嬉しく思う一方で喜んでばかりもいられませんでした。

男性の庭に住むメスの猫たちは全て避妊されています。
大人のオスの猫たちも去勢されていますが、ダルタニアンはこれから去勢をと考えていた若い猫です。

そしてガールフレンドは近所のどこかで飼われていることしか分かっていません。

いつもは少し距離を置いてガールフレンドを見詰めていたダルタニアンが、彼女に優しく毛繕いを始めました。
ガールフレンドはじっとされるがまま。

見詰めるだけだったダルタニアンが、初めて彼女に自分から近付いて行きました。
男性も内心『よくやった!』・・・嬉しそうです。

向き合って見つめ合う2匹は、静かに語り合っているようです。

少しずつだけど確実に距離を縮めていくダルタニアンとガールフレンド。

ダルタニアンがキャットハウスへ帰っていきました。

すると、その後を追うようにガールフレンドが入っていきました。

・・・・・・。

ダルタニアンのパパとしての男性はこの恋を応援したい。
でも、たくさんの猫たちを助けてきた救助者としての男性はダルタニアンの去勢が済んでいないことが気になってしまいます。
男性はふたつの想いをずっと抱いて見守っていました。

やろうと思えばできたはずなのに、ダルタニアンの恋に水を差すようなことはどうしてもしたくなかったのかもしれません。

男性はガールフレンドの家が分かったら、彼女の避妊について飼い主と話そうと考えています。

いずれにしても、ダルタニアンとガールフレンドの恋。
仲のいい関係がずっと続くといいですね。

ダルタニアンのもうひとつのエピソードはこちらから:『我が家の庭で暮らす猫の中にとても率直な猫がいます。それは彼が空腹のときに顕著に現れます。』https://nekopple.com/cats/61852