宝石の瞳☆重度の皮膚病で目が開かなかった猫の5枚目の猫画像

コットンは甘えるのが好きで、時々甘噛みをします。ほかの猫といることをあまり好みません。そして、意思表示のためによく鳴きます。
コットンの飼い主は、彼が回復しても引き取るつもりは有りませんでした。
私はコットンの里親を探すことを彼女に告げました。
病気を乗り越えたコットンに、あたたかい家族のそばで過ごしてほしいと願っています。
私は必ずコットンを家族に迎えてくれる里親さんを見つけます。

この画像が掲載されているまとめ

宝石の瞳☆重度の皮膚病で目が開かなかった猫

2016年9月フロリダのロイヤルパームビーチで、ジョーさんは弱々しく彷徨っている猫を保護しました。猫は病気のために目も開かない状態で、とてもお腹を空かせていました。ジョーさんはFacebookを通じて助けを求めます。すると、猫の保護活動をしているワインバーグさんが引き取ってくれました。

同じまとめに掲載されている猫画像

こんな画像もあります♪