宝石の瞳☆重度の皮膚病で目が開かなかった猫の2枚目の猫画像

治療を受ける間、猫はとてもおとなしくしていました。
マイクロチップが見つかったので、スキャンしてもらい私は飼い主に連絡を取りました。
猫の名前はラッキーといい、彼女が飼う8匹の猫の中の1匹で、引っ越しの際に姿を消したそうです。
彼女はラッキーへの責任は自分にはないと言ったので、私が責任をもって猫を回復させると告げました。

この画像が掲載されているまとめ

宝石の瞳☆重度の皮膚病で目が開かなかった猫

2016年9月フロリダのロイヤルパームビーチで、ジョーさんは弱々しく彷徨っている猫を保護しました。猫は病気のために目も開かない状態で、とてもお腹を空かせていました。ジョーさんはFacebookを通じて助けを求めます。すると、猫の保護活動をしているワインバーグさんが引き取ってくれました。

同じまとめに掲載されている猫画像

こんな画像もあります♪