猫のしっぽは感情を表す?どんな感情のときに、どんな動きをするの?

嬉しいとき

猫 しっぽ
嬉しいときは、しっぽを上にピンと伸ばして、擦り寄ってきたり、甘えてきたりします。

また、嬉しくてそわそわ歩き回ったりもします。

こわいとき

猫 しっぽ
こわいときは、しっぽを下げ気味で、毛がすこし逆立っていることが多いです。

こういう状態のときは、あまり無理に触ったり、近づいたりせず、そっとしておきましょう。

イライラするとき

猫しっぽ
イライラしているときは、猫はしっぽをパタパタ左右や上下にふります。

ですが、うちの猫は名前を呼んでも、寝ていても、おもちゃで遊んで興奮していても、しっぽをパタパタするときがあるので、これは本当かどうか判断が難しいところですね(笑)

遊びたいとき

遊びたいとき、かまって欲しいときは、しっぽを立てて、しっぽの先をふわふわさせながら寄ってきます。

猫じゃらしなど、大好きなおもちゃを目の前でふれば、きっとイチコロですよ!

興味があるとき

猫 しっぽ
興味がある時は、しっぽをすこし下げ気味にして、匂いをかごうとしながらそーっと寄ってくると思います。

こんなときは、まだ少しビビっていることが多いので、静かに待ってみましょう。

ちょっと警戒しているとき

猫 しっぽ
ちょっと警戒しているときや、少しこわいときは、しっぽを後ろ足の間に隠します。

この状態の猫に出会っても、近づくとほとんどの確率で逃げられてしまうので、そっとしておいたほうがいいでしょう。

すごく怒っているとき

猫しっぽ
すごく怒っているときは猫はしっぽを立てて、毛を逆立てて、場合によっては威嚇をしてきます。

威嚇は、フシャー!という、空気入れを空押ししたような声です。

喧嘩腰の猫はとても危険で、手を出すと猫パンチをくらったり、怪我をしたりします。絶対に近づかないようにしましょう。

あくまで参考までに♪

しっぽでみてとれる感情をざっくり紹介しましたが、猫にも個性があるため、実際の反応は猫によって若干違ったりもします。

ノラの猫はともかく、自宅の猫の感情表現は、テキストやしっぽを見るよりも、時間をかけて感じ取った、飼い主の感覚のほうが当たっていることが多いです!

あくまで参考までに♪
たまにしっぽを観察してみると、いつもと違う猫の表情が見て取れるかもしれません…!