ギネス記録で世界一大きい(体が長い)猫は?

世界一大きい猫
ギネス記録で一番大きい猫(ここでは、一番体長の長い猫)は、Mimains Stewart Gilliganくんという、オスの猫です。
大きさは、頭からしっぽの先までが、なんと123.2cmもあるんです!
Mymains Stewart Gilliganくん
この猫はメインクーンという品種で、飼い猫の中では最も大きい種類の猫です。

また、見た目も美しく、大きくてどっしりした佇まいが素敵ですね!

ギネス記録で世界一小さい猫は?

ピーグルズくん
世界一小さい猫はピーグルズ(ピーブル)くんという猫です。

世界一小さい猫は、いろいろなサイトで違う猫が取り上げられていて、どれが本当かわからなくなってしまっていますが…
手のひらサイズの猫の写真が、一時期話題を呼びましたが、そちらの写真は残念ながら偽物のようです。
ピーグルズくん
ピーグルズくんは、体重1.3kgととても小柄で、手のひらサイズとまではいきませんが、コロッと小さな猫です。

あまりに小さくて、守ってあげたくなりますね♪

ギネス記録で世界一長生きな猫は?

クレームパフちゃん
世界一長寿な猫といえば、有名なのがクレームパフちゃんという猫ですよね。

クレームパフちゃんは、なんと38歳と3日(1967-2005)も生きた、とっても長生きな猫なんです!
クレームパフちゃん
クレームパフちゃんの生きた年齢は、人間で言うと150歳以上なんだとか…。

本当に長生きでしたね。
いくつかギネス記録の猫を紹介しましたが、まだまだギネス記録は調べてみると面白いですよ!

自分の飼っている猫がどのくらいの大きさなのか?長生きなのか?など、ギネス記録を見れば見えてくることもあるかもしれません。

ギネス記録をもっと調べてみるとまだまだ見えてくるものがありそうですね!