そもそも、猫が顔を洗うのはなぜ?どういうときに顔を洗うの?

猫が顔を洗うのは、基本的に顔や頭の汚れを落とすためだったり、悪いことをしてバツが悪いときに、飼い主の前でごまかすつもりだったり、理由はさまざまなようです。
猫はとても綺麗好きな動物で、かつもともとは狩りをする生き物です。

ですので、汚れを落とすと同時に匂いを落としたり、ヒゲや耳まわりを綺麗にしておくために顔を洗っている、という感じでしょうか。
綺麗好きな猫

猫が顔を洗うと雨、は結局のところホント?ウソ?

猫は湿気や匂いにとても敏感な動物です。また、空気中の湿度が高いことを嫌がる動物でもあります。

そのセンサーとなるのが、顔にたくさん生えたヒゲで、このヒゲを綺麗にするために顔を洗っているようです。
猫は、雨が降りそうな(つまり、湿度が高い)とき、しきりに顔全体や頭を綺麗に洗います。

この行動の理由は、湿度でヒゲのセンサーが鈍くなるのを防ぐため、また、湿気を嫌がりしきりに顔を洗う、など諸説あります。
顔を洗う理由にはいろいろな説がありますが、実際に顔や耳の裏までしっかり顔を洗っているときは、雨が降る確率が90%以上だ、と言われているくらい当たるようなので、猫が顔を洗うのを参考にするのはいいかもしれません。

雨が降りそうだな〜、というとき、猫が顔を洗っているかどうか見てみると、その後の動きが分かるかもしれませんね!