猫には、排泄物やおしっこを砂に埋めて隠す習性があり、これは自分の居場所を隠すためだと言われています。
猫ちゃんをお迎えしてトイレを用意したら一緒に必要なのが猫砂。猫ちゃんが猫砂を気に入らないとトイレ以外のところでおしっこをしてしまうことも…。
猫砂もいろいろな種類があってどれがいいの?と迷ってしまいますね。そこで猫砂の種類・特徴をまとめてみました。ぜひ参考にしてみて下さい。

鉱物系

鉱物…こんな感じ?
主成分が粘土の一種であるベントナイト系の猫砂が一般的。
吸収力がすごいので固まりやすく掃除しやすいですし、自然の砂に近いので猫が好むメリットがあります。
欠点は粒が細かくてホコリが立ちやすいこと。猫ちゃんが吸い込むと体にあまり良くありません。
重さも結構あり、お値段もお高めです。

例えばこんな商品があるよ!

鉱物系では大人気のエバークリーン。

この木なんの木
ひのき、おがくずなどが原料として使われており、消臭効果が高いです。
軽いですが、猫ちゃんがひっかき回すと粉末になりやすく飛び散りも多いです。
燃えるゴミとして捨てられます。

例えばこんな商品があるよ!

ひのきのいい香りがしますよ~

夢を書いたテストの裏
原料はパルプや再生パルプです。猫砂の中では最も軽く、持ち運びやすいことから人気です。
その軽さゆえに、猫が砂をかけた時にトイレの外へ盛大に飛び散ることがあります…
原料が紙なのでトイレに流せますし、燃えるゴミとして捨てられます。
処分の楽さでいえばこれでしょう。

例えばこんな商品があるよ!

こちらの猫砂は尿を吸収して色が変わります。

おから

「おから」は絞りかすの意味なんだとか。
原料はおからです。綺麗に固まって消臭効果もあります。
燃えるゴミとして捨てられるので、処分が楽です。
欠点は粒が小さくて、猫の手足についたり肉球にはさまったりしやすいこと。
尿や糞の水分を吸着しやすく、また吸着すれば雑菌が繁殖しやすいので、定期的に捨てましょう。
猫がトイレから出て走り回るとトイレ周りに砂が散らばっていることもしばしば…
鉱物系の砂ほどではないですが、割と重めです。

例えばこんな商品があるよ!

筆者の好きなトフカスシリーズ。タブ状なので肉球に挟まりにくい。

シリカゲル

食べられません。
原料はシリカゲルです。システムトイレ(スノコ式で尿が下のシートに吸収されるトイレ)の猫砂はこのシリカゲルタイプであることが多いです。
メリットは消臭・脱臭力が強力な点、そしてシリカゲル自体に抗菌作用があることです。また粉もあまり立ちません。
デメリットは砂の飛び散りが多く、肉球にも挟まりやすいこと。お値段は比較的高価です。

例えばこんな商品があるよ!

形状が丸いのでコロコロ転がりがち。

おわりに

猫砂にも色々あるんだニャ~。
いかがでしたでしょうか。これまで使っていたもの以外に、いろいろな種類の猫砂があって、驚かれた方もいらっしゃると思います。
猫ちゃんによって猫砂の好みも色々。また、飼い主にとって猫砂の好みも色々(片づけやすさなどの観点で)。いろいろ試して猫ちゃん、飼い主双方が気に入る一品を見つけてくださいね♪