術後のモーガンは順調に回復に向かい、3本足での暮らしにすぐに順応することができました。
私は自宅で養育ボランティアとしても活動しており、自宅には数匹の大人の猫が暮らしています。中でも14歳のラントは私が育ててきた子猫達に愛情を注ぎ、彼らの旅立ちを支えてくれています。
新しい家族を探す準備に入るモーガンにとって私の自宅はとても適した環境だと思いました。

ラントは1年ほど前、重い上気道感染症を患い衰弱した状態で保護された野良猫でした。
ラントは数週間の入院治療後、新しい家族を探す準備を整えるために私の自宅で暮らし始めました。推定14歳と高齢な上にFIV(猫免疫不全ウィルス感染症)陽性と診断されたラントでしたが、彼の優しくあたたかな個性は私たち家族とペットたちを瞬く間に魅了しました。私はラントと別れることができませんでした。
さらにラントは私が養育する子猫達に自ら寄り添い愛情を注いでくれました。
ラントは子猫たちに愛と信頼を教え新しい人生へ導くことに喜びと誇りを感じています。

手術から回復に向かい始めたモーガンの傷は常に清潔に保ち、私は徐々にラントとモーガンを紹介しました。
モーガンの個性はラントと出会ったときからさらに輝き始めました。
ラントは子猫のお世話の中でも体をきれいに保つことにとても熱心です。
モーガンは彼女をきれいにしようとするラントにレスリングで対抗しました。
ラントはモーガンをきれいにしようとするたびにとても苦労していました。

モーガンは彼女の何倍もあるラントに臆することなどありませんでした。
何度押さえつけられようと彼女はラントに可愛い戦いを挑んで止めませんでした。
しかしラントは毛繕いの習慣をとても大切にしていて、たとえモーガンの尽きることにないエネルギーを相手にしても決して彼女をきれいにすることを止めようとはしませんでした、

ラントはモーガンに家猫として必要なことや、他の子猫と遊ぶ方法を教えていました。
彼はモーガンが遊ぶ様子を見守り、彼女が抱きしめてほしいときは彼女を温かく迎えました。
ヤンチャでエネルギーに満ちたモーガンは、彼女を温かく包んでくれるラントに寄り添われて元気で愛情豊かな子猫になりました。

モーガンは家の中でラントやほかの猫たちを追いかけるのが大好きです。
たとえ、相手がそうしたくなくても(笑)
恐らくモーガン自身、自分が足を1本失っていることなど忘れてしまっているのかもしれません。

外の厳しい暮らしの中で、なぜモーガンが足を失くさなければならなかったのか私たちには分かりません。
辛い経験のあとも彼女は前向きな個性を失いませんでした。そしてラントとの出会いで愛情豊かに成長することができました。きっと誰かの人生で彼女の個性はさらに大きく花開くでしょう。
ラントは元気いっぱいのモーガンをとても誇りに思っています。