おしり!
「におい袋」という名前を聞いたことがあるでしょうか。人間はともかく、犬や猫を飼っていると、なんとなく聞いたことがあるかもしれません。

「におい袋って、お尻にある臭い袋でしょ」
「絞るとか聞いたことあるけど、なんで絞るの?」

そんな、漠然とした理解や疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。今回は、そんな「におい袋」についての理解を深めていきましょう♪

におい袋ってなに?

むむむ…
まず、におい袋とはそもそも何者なのかを見ていきましょう。
犬猫には肛門の両脇(正面から見て4時、8時の位置)に肛門嚢という匂い袋が存在します。
イタチやスカンクの匂い袋を想像していただけるとよいと思います。

出典:www.kitasenri-ah.jp

スカンクといえば、こんなイメージ
イタチやスカンクと同じように、猫ちゃんもにおい袋を持っています。ということはもちろん、イタチやスカンクと同じように、猫ちゃんも臭い攻撃ができるということになります(臭さの程度はあるでしょうが…)。
肛門嚢には悪臭のある分泌液が溜まってくるのですが、普段は排便時や興奮時などに自然排出されています。 

出典:www.kitasenri-ah.jp

この、悪臭のある分泌液は「肛門腺」と言います。これが、イタチやスカンクの臭い攻撃の正体のようです。

なお、猫ちゃんにとっても臭い付けをする際に肛門腺が重要だったりします。臭くて迷惑!というだけではないんですね~。

におい袋は詰まる?

ででん
このにおい袋、常に分泌液が出るわけではなく、時々詰まったりするようです。詰まってしまうと、どうなってしまうのでしょうか。

肛門嚢炎

家庭のネコの多くはストレスのない生活様式を持っているので、自力で肛門腺を絞り出す機会がありません。そのため肛門嚢の分泌物は乾燥し、濃縮されます。すると分泌物はさらに排泄されにくくなって肛門嚢に溜まり、炎症を起こします。

出典:www.iris-pet.com

肛門嚢も、ほかの器官同様に炎症を起こすことがあるようです。これがひどくなると…

肛門嚢破裂

炎症が重度になると、蓄膿をしたり肛門嚢が破裂してしまうこともあります。

出典:higashiyamato-ah.com

聞くだけでも怖いですね…。破裂した場合は、手術が必要となるケースが多々あるようです。

におい袋が詰まったらどうすればいいのか?

におい袋が詰まったとき、飼い主は猫ちゃんに対して何をしてあげればよいのでしょうか。その一つのキーワードとして「肛門嚢絞り」です。

肛門嚢絞り

その名のとおり、絞ります。
肛門嚢しぼりは、その名のとおり肛門嚢を絞ります。肛門腺を絞り出すのです。そうすることで、肛門嚢はしぼみ、炎症を抑えることができるそうです。

動物病院に行く

動物病院でも対応してくれます。
肛門絞りのやり方がイマイチ分からない、どうしてもできない…。そんな場合は、迷わず動物病院に行きましょう。無理に絞ることで、猫ちゃんに余計に痛い思いをさせてしまうかもしれません。そうなってしまう前に、お医者さんに任せた方が猫ちゃんも余計に痛い思いをさせずに済みます。

終わりに

アッー!
いかがでしたでしょうか。猫ちゃんのにおい袋について理解を深めることができたでしょうか。猫ちゃんの健康のためにも、お尻の穴もしっかり観察して、異常があれば早い段階で処置をしてあげましょうね♪