ウチの嫁の実家が危なかった:本当に経験したネコ増殖の過程

ウチの嫁の実家の話です。嫁が家を出たのこともあって、義母がネコを飼い始めました。シャムの雌猫でした。しかし、ネコがさみしがると思ったのか、雑種の雄ネコを飼い始めました。去勢もしていなかったので、雌猫が妊娠して、3匹の子が生まれてしまいました。これに懲りたのか、雄ネコに去勢手術を受けさせたのですが、麻酔が強すぎて雄ネコは残念ながら死んでしまいました。しかし、これで猫は増えないかなと思ったのですが、仔猫のネコの一匹が雄で、お母さんネコと兄妹の雌猫と交尾をして子供を作ってしまったのです。これで合計7匹になりました。これに懲りて、雄ネコすべてを去勢してようやくネコが増えてしまう状態を防ぐことができました。
お母さんネコと妹ネコがあまり仔猫を生まなかったからよかったものの、結構危なかったなと思います。去勢の代金も安くはないですし、最悪多頭飼育崩壊になっていたと思います。

ツイッター上でも注意を呼び掛けています。

Bzhyu8bt_normal

まりお@koro2925

最近多頭飼育崩壊ってニュースでめっちゃ聞く

2015-10-20 17時18分

そうですね。よく聞きますね。
Bzhyu8bt_normal

ざんぶろんぞ@zanburonzo

「北海道テレビ」より ネコ110匹!! 多頭飼育崩壊現場に潜入 https://t.co/OCGDedo9ug 2匹が110匹に増えた、、いや去勢しなさいよ、、皆不幸になるぞ https://t.co/kYNrxqQT9M

2015-10-20 19時13分

北海道でも起こったみたいですね。
Bzhyu8bt_normal

mari_cheer@mari_cheer

猫の多頭飼いで悪徳ブリーダーのような業者じゃなくても飼育崩壊してしまう人が沢山いるらしい。 ①悪質飼育放棄←これは悪 ②飼い主の高齢化や病気 ③ネコ好き過ぎ ③の気持ちわかるけど一番危ないパターンかも。簡単に手放せないだろうし。 https://t.co/U4HMoADHuZ

2015-10-21 13時33分

一般の方にも起こりうることですね。

鎌倉で起きた多頭飼育崩壊:50匹以上のネコが衰弱状態で発見

鎌倉のマンションで実際に起きた事件です。30代の夫婦が飼っていたネコに避妊手術を受けさせなかった結果、ネコの数が50匹を超えていて、ほとんどのネコが衰弱した状態で発見されました。部屋はネコの糞尿でいっぱいだった状態でした。

予防策と対処法:多頭飼育崩壊にならないように、またそうなった時のために

まずは去勢、避妊手術を受けさせること

まずは、去勢もしくは避妊手術を受けさせることが一番です。私自身も出来ればウチのネコにこう言った手術を受けさせたくはありません。しかし、「避妊手術を受けさせないで生まれた命に対してあなたは責任を持てるか。」「避妊すれば不幸な命が生まれなくて済む。」という話を受けたとき、ぐうの音も出なかったのが事実です。まずは子ネコができない状態にすることが最善の道です。

最悪の事態になったら他人の助けを借りること

避妊手術を受けさせ損ねて、ネコが繁殖しはじめ、これ以上世話ができないという最悪の事態になった時、一人で抱えきれないで誰かの助けを借りましょう。まずは里親を募集すること。「ぺっとのおうち」をはじめ、里親募集のサイトはたくさんあります。また、アニマルシェルターに相談しましょう。彼らであれば何とか力になってくれるはずです。
ネコを飼うということは、かわいがるということだけではなくて、その命の対して責任を取ることだと思います。自分ができることはきっちり行って、飼いネコを幸せにしたいですね。