ペットシッターさんが持っている資格

ペットシッターという言葉は良く聞きますが、いったいどういう資格が必要なのでしょうか?
調べてみると、各都道府県の福祉保険局に「動物取扱責任者」としての登録が必要だそうです。
1 次に掲げるの3つの要件のいずれかに該当すること

営もうとする第一種動物取扱業の種別ごとに半年以上の実務経験があること。

営もうとする第一種動物取扱業の種別に係る知識及び技術について一年間以上教育する学校法人その他の教育 機関を卒業していること。

公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営もうとする第一種動物取扱業の種別に係る知 識及び技術を習得していることの証明を得ていること。

出典:www.fukushihoken.metro.tokyo.jp

結構厳しい条件ですね。ペットシッターとして開業している方は動物取扱業の登録番号を持っているはずなので、まずはそちらを確認しましょう。

ペットシッターさんを養成する民間の団体がいくつかあり、その代表的な存在が下記の日本ペットシッター協会です。
このような民間のペットシッター養成講座を受講し試験に受かることで、上記「動物取扱責任者」としての登録が出来ます。

ペットシッター士の養成講座は、犬や猫との接し方、病気、健康管理、感染症や飼育管理、ペットの法律などを勉強するそうです。

ペットシッターさんの選び方

ペットシッターさんにお願いする場合、まずは自宅の場所がサービスの範囲内かどうか?を確認する必要があります。

その後に料金やサービス内容などを確認すると思いますが、

ペットシッター士の資格をとった後、フランチャイズとしてその教育機関の保証制度に加入しているペットシッターさんや、下記のようにペットシッター保険に加入している団体からペットシッターさんを選ぶと安心です。

ペットシッターさんはどんな事をしてくれるの?

猫ちゃんの場合は散歩の必要がないので、ご飯の用意、トイレの掃除、遊び相手、が基本的なお世話の内容で、希望者にはブラッシングなどのサービスもしてくれるそうです。

ほとんどのペットシッターさんが、まず最初に自宅にカウンセリングに訪れるそうなので、システムの説明を受け、猫ちゃんの性格などを伝えます。
知らない人とでも遊んじゃう♫

鍵を預けるのが心配

自宅の鍵を預けるわけですから、やはり信頼出来るペットシッターさんを選びたいですよね。

ペットシッターさんは個人でも開業出来るようですが、株式会社として法人化しているペットシッター会社を選んだ方が、保険にも加入していますし、何かと安心出来ると思います。

お住まいの地域でペットシッターを探す場合は、ホームページなどで法人か個人かを確認してからにしましょう。
お留守番も嫌いじゃないよ

留守中の猫ちゃんの様子を確認したい

大手のペットシッター会社だと、24時間遠隔操作カメラを貸し出してくれるところもあるそうです。

カメラを持っていなくても、パソコンはもちろん、iPadやスマホで留守中の猫ちゃんの様子が確認出来ます。
外出先からPCは勿論、iPadやiPhone、各種スマートフォンを使ってシッティング中の映像を確認できるカメラです。このカメラを使えば、シッティング中の様子は勿論、シッティング以外の時間帯の留守宅の監視やペットの様子を確認することができます。(24時間利用の場合)また、カメラのレンズ周囲に赤外線LEDを搭載しているので、周囲が暗くなっても赤外線撮影モードに切り替わり撮影が可能です。赤外線モードでも通常でも画像は鮮明に見えますので、大切なペットの様子をしっかりと見る事ができます。更にパスワードもお客様個人で設定できますので、第三者に見られる事も無くセキュ リティ対策は万全で安心してご利用頂けます。カメラの設置にはインターネット環境も工事も不要です。置き型ですのでお家の壁に傷をつける事もございません。接続もカンタン!電源さえあればご利用頂けます!

出典:www.pet-ss.com

こんな感じで留守中の様子をチェック
いたずらしても、バレちゃいますよ
最後に料金ですが、1日1回のお世話で2000円くらいからのようです。旅行をあきらめる前に一度試してみるのも良いかもしれません。

ペットシッターさんにお願いする場合、普段の生活と変わらずお留守番が出来るので、猫ちゃんにとってはストレスが少ないはずです。

ただ、大切な猫ちゃんも自宅の鍵も預けるわけですから、信頼出来るペットシッターさん、ペットシッター会社を選びましょう。