シェルターのスタッフはあまりにも小さいフランシスに何かが正常ではないと感じ、NOVA Cat Clinicに助けを求めました。
フランシスを受け入れたクリニックは彼のお世話を獣医技術者のエレンさんにお願いし、早速診察を始めました。
フランシスは小さな体のわりに頭部が大きく、ところどころ被毛が抜けているのが見つかりました。
最初の検査で心雑音があったため、健康状態を確認するためにふたつの検査を受けることになりました。

エレンさんがフランシスを抱きしめると、フランシスは喉をゴロゴロと鳴らしました。
エレンさんは時間ごとのミルクを与え、常にフランシスに寄り添っていました。
仕事場でもフランシスをポケットに入れていたので、フランシスは常にエレンさんのぬくもりの中で過ごしていました。
小さな体のわりに大食漢のフランシスはたくさんのミルクを飲みました。

エレンさんがお世話を始めて1週間後、フランシスの体重は220gと2倍近くまで増えていました。
たくさんミルクを飲んでいるフランシスでしたが、フランシスの場合、成長率に加えて2~3倍のカロリーを摂取する必要があったそうです。

エレンさんの自宅にはベネディクト・カンバーキャット、通称ベニーと呼ぶ猫が一緒に暮らしてきました。
ベニーはエレンさんが救った猫の1匹で、エレンさんがお世話をする子猫たちに愛情を注ぎ父親代わりをしてくれる頼もしい存在です。
エレンさんがベニーにフランシスを紹介すると、ベニーは早速フランシスの身体を舐め始めました。
そして、フランシスがミルクを飲むと身づくろいをし、トイレの使い方を教え、眠るときは寄り添ってくれました。

フランシスが初めてウェットフードを食べたとき、彼はものすごい勢いで平らげてしまいました。
エレンさんはフランシスの成長を感じました。
離乳を迎えたフランシスは、エレンさんとベニーに愛情を注がれ、ひとつの節目を迎えることができました。

検査の結果フランシスは甲状腺の機能が低下しているわけではありませんでしたが、成長ホルモンが不足している可能性がありました。
フランシスは体が小さいだけでなく、健康上の問題を抱えていることも分かりました。
フランシスは生後6週を迎えて340g、平均の生後3週ほどの大きさでした。
フランシスはとても大きな声で鳴きました。

フランシスのお世話をしてきたエレンさんはずっとフランシスの成長を見守っていきたいと感じ、フランシスを家族に迎えることにしました。
NOVA Cat Clinicはフランシスのように特別な支援が必要な子猫が生きるために必要なケアを提供しています。
クリニックは、今後もフランシスの成長を助けていくことを決めました。

生後2か月を迎えたフランシスは完璧な口髭を蓄えたタキシードに成長しています。
エレンさんは成長したフランシスのためにベッドを大きなものと取り換えました。
フランシスは外を楽しむことも学んでいるようです。

スプーンに乗るほど小さかったフランシスでしたが、シェルターのスタッフからクリニックへ、温かい人達との出会いに恵まれ、エレンさんのもとへ辿り着くことができました。
エレンさんたちに愛情を注がれるフランシスは、これからも成長を続けたくましい姿をきっと見せてくれることでしょう。