ある日、オーストラリア・ニューサウスウェールズにある保護施設「キャットレスキュー901」のスタッフであるカテリーナさんは未熟児で生まれたばかりの子猫が危険なじょうたいであることを知りました。
子猫の母親である猫はある家の飼い猫ですが、突然家から逃げ出し妊娠して帰ってきたのです。そしてその猫は4匹の子猫を出産したのですが、早産だったために4匹のうち2匹は死産でした。
母猫は強いストレスのためにミルクが出ず育児放棄したそうです。
飼い主さんは2匹の子猫をカテリーナさんのところへ連れてきたのでした。

2匹の子猫をすぐに獣医さんに診てもらいましたが、残念ながら1匹は息を引き取りました。
カテリーナさんは生き残った子猫に「ヘーゼル」と名付け、体重はわずか79gしかなく2時間おきにミルクを飲ませながらの世話をしました。
数日後、ヘーゼルは臍感染というへその細菌感染症を患いカテリーナさんはつきっきりで看病したのです。
3週間後に回復したヘーゼルは家族にハグされるのがとても嬉しいようです。

病院に何度も通い、危険な状態を乗り越えたヘーゼルの成長が始まりました。
表情もだいぶしっかりしてきましたね。

大好きなお父さんにハグしてもらい嬉しそうに喉をゴロゴロ鳴らしているヘーゼルです。
ヘーゼルは5週齢を迎えることが出来ました。
未熟児で生まれとても小さかったヘーゼルですが、カテリーナさんの懸命な看病のお蔭て力強くなってきました。

こちらはカテリーナさんの膝の上でお腹のマッサージをしてもらうヘーゼル。ご機嫌です。
次々と兄弟たちが命を落としていく中で生き残ったヘーゼルはきっとこれからも大好きな家族にたくさんの愛情を注いでもらいながら暮らしていくことでしょう。