2017年2月13日。
知人の結婚式から帰宅した私はタムの陣痛が始まっていることに気付きました。
急いでシャワーを浴び、タムの出産を助けるための準備しようと傍に行きました。
すると、タムの傍にイエローが座っていました。
どうやらイエローはお昼寝もせずにずっとタムの傍に寄り添っていたようです。
ちょっと疲れた表情で心配そうにじっとタムを見詰めていました。

私はタムのはじめての出産を記念に残しておこうと思いました。

ありがたいことに、タムは元気な子猫を4匹出産しました。
タムはすぐに子猫たちの身体をきれいにしました。
タムは自信に満ちて満足そうな表情を浮かべていました。
そして、イエローはタムの出産の間、一度も離れることなくずっとタムの傍に坐っていました。
タムが子猫の身体をきれいにし終わると、今度はイエローが1匹ずつ丁寧に舐め始めたのです。

イエローは子猫の身体を舐め終わると、今度はタムに目を移し近付くと彼女にそっとキスしました。
出産を終えたタムを優しくねぎらっているようでした。

家族そろって最初の夜を迎えたイエローとタムは子猫を胸に抱き、ベッドに横たわりました、
イエローはタムの体を包むように横たわり、タムや子猫を守るように眠りにつきました。

私はこの上ない幸せを感じました。

イエローは特に社交的な猫というわけではありません。
彼が愛情を示すのは私と我が家の犬とそしてタムだけでした。

しかしこの日以来、イエローはタムの子育てを全面的に支えました。

イエローはタムが子猫のお世話を終え、体を休める必要があると子猫たちを抱いて一緒にお昼寝をしていました、
おかげでタムは安心して体を休めることができました。

私は撮影した写真をFacebookに投稿しました。
するとイエローのイクメンぶりに驚いたり、感動したりと、驚くほどたくさんの人にシェアされて行きました。
さらに海外の掲示板に投稿され、それは瞬く間に拡散し600を超えるコメントが届きました。

『イクメンの猫を見るのは初めてです。』
『とても美しい写真。シェアしてくれてありがとう。』
『我が家ではママ猫がミルクをあげ、子猫のお昼寝はパパ猫が添い寝をしていたわ。』
中には男性からのこんなコメントも。
『(イエローから)思いやりと注意と満足感が感じられます。人間の父親と同じですね。』

一般的にオスの猫は子育てには参加せず、イエローのようなケースはまれだと聞きました。
でも、イエローのような愛情あふれるパパ猫があちこちに存在することも事実のようです。

ともあれ、タムとイエローの2人3脚の子育ては始まったばかり。
両親にたっぷりの愛情を注がれる子猫たちは順調に成長しています。
きっと子猫たちも愛情豊かな猫に成長するでしょう。
彼らが幸せな子猫であることは間違いありません。