2013年7月4日、ドーンさんと夫は施設で保護猫の「ジョンジー」という老猫に出会いました。
夫婦はジョンジーの姿を見て大きなショックを受けたといいます。
ジョンジーは太り体重が重いために食事とトイレのときだけ立ち上がるような生活を送っています。
ジョンジーは自分で毛づくろうこともままならないようで全身の毛がもつれてひどい状態でした。

ジョンジーがこれほどまでに太った原因は以前の飼い主の家では犬を飼っていて、その同居犬がとても怖かったためにジョンジーはずっと地下室にこもって暮らしていたそうです。
食べるだけで運動しなければどんどん太っていきますよね。
そして毛玉がひどく荒れ放題の毛並みはジョンジーに更に不快感を与えているためいつも不機嫌で怖い顔をしてたのです。

夫婦はジョンジーを何とか助けたいと思い、その日のうちに引き取り家族として迎えました。
夫妻によるとジョンジーは体も心も壊れていたといいます。
ジョンジーの年齢は13歳、体重は11kgでした。
獣医さんと相談し体重を6kgまで減らすことを決めたのです。

ジョンジーはお風呂で体を綺麗に洗ってもらい、もつれた毛を全部刈ってもらったところジョンジーの気分は良くなり表情も柔らかくなりました。
家に来た初日はずっとドレッサーの下に隠れていたジョンジーでしたが、翌日には慣れてきたのか出て来て夫婦にお腹のマッサージを求めてくるようになりました。

夫婦はジョンジーにダイエット食を与え、少しでも運動になればとジョンジーが興味を持つものを探し運動できるような環境を整えてあげました。
おかげで徐々に体重が減り始め、体が軽くなったせいかジョンジーの性格は少しずつお茶目になり活発な猫になっていったそうです。
ジョンジーは最初の1年で3.6kgほど体重が減りました。
そして2年間で5kg減らし目標の6kgを達成したのでした。
心も軽くなったのかまるで子猫のように可愛くなりました。

今18歳になったジョンジーはドーン夫妻の家族になり力を借りてすっかり生まれ変わりました。
自分の思うままに行動し日々を楽しんでいます。
これからも素敵な家族と共に元気で幸せな人生を送っていくことでしょう。