新しい生活のため実家を出たジョセフ・ソポさんは自分がいなくなったあとの部屋についてトレーニング好きの両親がトレーニングルームとして使うだろうと思っていました。
1年後、ジョセフさんが久しぶりに実家へ帰ってくると自分の部屋は意外な展開になっていました。
ドアを開けると可愛い3匹の猫用ルームになっていたのです。
くつろぐ子猫ちゃんたちが可愛いですね♡

ジョセフさんの家では子供の頃から猫を飼っていたのですが、ジョセフさんが家を出たときにいた2匹の老猫のうち1匹が亡くなったため、残された猫のために両親は保護施設から友達を引き取ろうと施設に行きました。
予定では1匹だけ子猫を引き取るつもりでしたが、「ソフィー」と「ボブ」という2匹の子猫を迎えることを決めたのでした。
両親はこの子猫たちを気に入り、2匹のうち1匹を選ぶことができなかったようです。
しかもボブには「ラッキー」という兄弟がいるとスタッフから聞いた両親はラッキーと触れ合うと残してはおけなくなり結局3匹の子猫を連れて帰ってきたのでした。
とても愛情深いご両親ですね。

3匹の子猫たちが家にやってくると両親の日常生活はとても忙しくなりました。
それぞれが甘えて構って欲しがったり家の中を走り回ったりして大運動会の毎日です。
こんな中でジョセフさんの部屋にある家具はそのままですが、いつも間にか猫ルームと化してしまったのでした。

3匹の子猫たちはいつも一緒でキャットタワーに登ったり家の中を走り回って遊んだりした後、両親と一緒にお昼寝をしています。
子猫たちの元気で愛らしい姿を見ながら少し前に愛猫を失った両親も寂しさから立ち直っていくようです。

子供の頃からいつも猫と一緒だったジョセフさんは現在「フィービー」という名前の5歳のラグドールを飼っています。
両親のおかげでジョセフさんも大の猫好きさんなんですね。
これからもジョセフさんたちは猫たちとの幸せな生活を送っていくことでしょう。