トルコに住む養育主のエジーさんの飼っている猫の「バンビ」は母親のいない保護された子猫に対し大きな愛情をもっています。
バンビはエジーさんが保護した子猫が家にやって来る度に母親役を買って出ます。
バンビは寂しがっている子猫を放っておくことが出来ない優しい猫なのです。

ある日のこと、「シルベスター」と名付けられた生後2~3週の子猫がエジーさんの家にやってきました。
シルベスターは2日間独りで外を彷徨っていたそうです。
エジーさんはシルベスターをバンビに会せるとバンビはすぐに毛づくろいを始めました。
シルベスターも安心したようにバンビの毛にフミフミし始めたといいます。

シルベスターが来てから3日後、エジーさんは自宅の庭で子猫を発見しました。
子猫はとても人間を怖がっており片目は感染症で開かなくなっていました。
子猫に「ジュニア」と名付け保護しました。
近所の子どもたちの話によると少し前に母猫が2匹の子猫を連れているのを見かけたらしく、エジーさんはジュニアの兄弟を探したのですが見つけることができませんでした。
エジーさんがジュニアを家の中に連れて行くと早速バンビはジュニアの毛づくろいを始めました。

エジーさんはその後もジュニアの兄弟を探していたところ2日後に外から子猫の鳴き声が聞こえたので出てみると近くの空き家の階段のところで1匹のジュニアの兄弟とみられる子猫を見つけたのです。

子猫を家に連れて来てバンビに紹介しようとすると、子猫の叫び声を聞きつけたバンビの方から駆け付けて来てすぐに毛づくろいを始めました。
バンビの母性本能はフル回転ですね。
バンビは3匹の子猫の母親になりいつもそばにいて世話をしています。
子猫たちは母親の温もりを必要としていますが、バンビのおかげで3ひきの子猫たちは安心しているようです。

バンビは3年前に車のエンジンルームから助けられた保護猫でした。
エジーさんの家族に迎えられエジーさんから深い愛情を注いでもらったバンビは可哀想な子猫を放っておけない優しい猫になりました。
子猫たちもそんなバンビの温かさにお母さんの愛情を感じています。
これからもバンビは困っている子猫たちに母親の温もりを提供し、愛情深い猫と成長させていくことでしょうね。