ある夏の日、オハイオ州クリーブランドで暮らすジョン・ニーナバーさん夫妻が愛犬の散歩をしていると1匹の子猫が駆け寄って来て、愛犬の後をトコトコとついてきます。
夫人のレスリーさんの話によるとこの地域ではたくさんの野良猫が住んでいるようです。
子猫が怖がりもせず、ずっとついてきているので夫妻は子猫を保護することにしたのです。
子猫に「ピノ」と名付け、まずは汚れた全身を綺麗に洗いご飯を食べさせました。
夫妻の家には既に猫3匹に犬1匹がいたため、ピノを猫好きな妹のサラさんに引き取ってもらいました。

サラさんはひと目でピノに恋をしたそうです。
ピノを獣医さんに診てもらい家に帰ると好奇心旺盛なピノは家の中でたくさんのイタズラを始めました。
またピノは窓から外にいる鳥を見るのが大好きでした。

ピノは箱が好きで寝るときも箱の中で寝るため子猫用のベッドがいらないくらいだといいます。
ピノは愛らしい姿を見せて家族を癒やしてくれました。

そして1年が経ちました。
ピノは美しいおとなの猫に成長しました。
今でも窓の外を眺めるのが大好きです。

ピノは少し長めの毛並みでモフモフした綺麗な猫になりました。
思わず触りたくなるくらいですね。
獣医さんの話によるとピノにはメイクーンの血が入っているようです。
モフモフしたピノですが、賢く時々キッチンの戸棚の調査をしているようです。

あの夏の日、レスリーさんの愛犬の後を一生懸命ついてきたピノ。
ピノはレスリーさんについて行けば、きっと幸せになれると信じていたのでしょう。
そして今の幸せを手に入れることが出来たのです。
これからもサラさんの家族にたっぷりの愛情を注がれ、愛らしい姿で家族を幸せな気持ちにさせてくれることでしょう。