登場するのはちょっとコワオモテの飼い主のパパさんとサビ白の猫さん。
パパさんはお食事中です。
とっても大きなソーセージを丸かじりしていますね。
その横で猫さんがジッと見ています。
ジッと見る先にはパパさんの食べているあの大きなソーセージがあります。
パパさんが美味しそうにかぶりつくのを見て猫さんも欲しいのですね。

「ねえ、それ欲しいにゃ」
猫さんはパパさんにおねだりしています。
「ダメだよ」
パパさんはくれません。

「ねえねえ、ちょうだいってば!」
猫さん猫パンチを出しますが、パパさんびくともしません。
ソーセージからはいい匂いがしてきます。
猫さん、たまりませんね。

猫さん「欲しい…」
パパさん「これはダメだよ。これはパパのもの」
猫さん、スリスリ攻撃でとびっきりの可愛いしぐさでおねだりしています。
でもパパさんからもらえません。

ここで何故か飼い主さんとのシンクロ(笑)
猫さん、芸をすればソーセージをもらえるとでも思ったんでしょうか。
どうしちゃったんでしょうね。

「もういいも~ん!」
猫さんは諦めてどこかへ行ってしまいました。
人間の食べ物は猫さんの体によくないからパパさんはくれなかったのよ。
こんなに可愛いしぐさで迫られて本当はパパさんもあげたかったのではないでしょうかww