ある日、買い物を済ませた一家が夕暮れ時の住宅街を歩いていると何処からともなく現れた1匹の野良猫が近寄ってきました。
どうやらお腹が空いているように思った家族の1人が先ほど買ったばかりのご飯を荷物から出して野良猫にあげたのです。
それから数日間、その野良猫にごはんを持っていくのが家族にとって毎日の日課になったそうです。
そしてその日もいつも通りご飯を用意して出掛けようとすると…なんと家の前に野良猫が座っていました。
その様子に家族全員が笑顔に包まれました。

野良猫の傍には5匹の子猫が身を寄せ合いこちらを見上げています。
母猫は自分の最愛の我が子たちを家族にお披露目してくれたのですね。
家族にとってとても嬉しいことでしたが、既に2匹の先住猫がいるので一緒に住むとなると家の中に猫が8匹になります。
ですが、家族は母猫の気持ちを断ることはできません。何故ならこれは母猫が恩返しに来てくれたんだと喜んだからでした。
その日から家族と猫8匹の生活が始まりました。

5匹の子猫たちは毛色も性格も違いましたが、みんなとっても元気です。
子猫たちは最初にキャットタワーに勢いよく登り場所取りをしています。様々な形をしたスペースに大騒ぎでしょう。

この2匹が先住猫です。
母猫が寝ている間はこの猫たちが子猫たちの面倒をみます。
5匹の子猫たちが好き勝手に走り回るので大変でしょうね。でもこの猫たちはしっかりとお兄さん役をしています。
猫社会のルールを教えたのもこのお兄さん猫たちのようですよ。

子猫たちは家族や母猫、先住猫に見守られながらすくすくと成長しています。
だいぶ大きくなってきましたね。
今度は洗面台の取り合いみたいですね。

5匹の子猫たちは立派に成長し、それぞれが別々の里親さんの元へ旅立っていきました。
新しい素敵な家族からいっぱい愛情を注いでもらっていることでしょう。
そして母猫はこの家族の元に残り2匹の猫とともに暮らし、家族に寄り添いながら家族へ愛情を注いでいくことが恩返しのようです。