ある日ロサンゼルスの砂漠で背骨に大ケガを負い下半身が麻痺している1匹の猫が発見され保健所に連れて来られました。
保健所のスタッフは猫の状態から一時的に助かったものの里親さんが見つかるのは難しいだろうと思ったそうです。
スタッフから「トリクシー」と名付けてもらいました。
そんな中、スタッフは驚いたことにトリクシーが妊娠していることに気づいたのです。
数日後にトリクシーの出産が始まりました。
最初に生まれてきた2匹の子猫は残念ながら死産でした。
自然分娩ができないトリクシーを動物病院へ運び、帝王切開で4匹の子猫が生まれました。

奇跡的に生まれた子猫たちにトリクシーはミルクを与え世話をし始めました。
トリクシーと子猫たちはダイアン・カービーさんという養育ボランティアさんに預けられ子育てをすることになりました。
ダイアンさんの家には母猫のいない2匹の子猫がいたのですが、トリクシーはこの2匹の子猫も我が子のように世話をしました。

1度目は大ケガで死にそうになり2度目は大変な出産により生命の危機を乗り越えてきたトリクシーですが、そんな彼女に3度目の生命の危機が訪れます。
里親さんが見つからないトリクシーの保護期間が過ぎ殺処分されるために保健所に戻してほしいという連絡がきたのです。
ダイアンさんはトリクシーを引き渡さないためにも必死で里親さん探しをしたのですが、なかなか見つかりません。
途方に暮れていたダイアンさんに一緒に里親探しを手伝ってくれている友人から朗報が飛び込んできました。
障害のある猫たちの世話を専門に行っている保護施設「ミロズ・サンクチュアリ」があるというのです。

早速、ダイアンさんは保護施設へ連絡をいれたところ、トリクシーの写真を見て一目ぼれした養育ボランティアさんが家族の一員として引き取りたいと申し出てくれたのです。
ダイアンさんは急いでトリクシーの里親さんが見つかったと保健所に連絡すると保健所のスタッフたちもとても喜んでくれたといいます。
保健所のスタッフも立場上厳しい決断をしなければならないものの本当は動物の命を1匹でも救いたいと思っているのですね。
その後、トリクシーは里親さんのゾーイ・セスラーさんに会うと喉をゴロゴロ鳴らし頭を擦りつけて甘え始めました。
トリクシーがゾーイさんの家族になった瞬間です。

トリクシーは発見される前はどんな暮らしを送り何故背骨に大ケガを負うことになったのかは分かりません。
そしてお腹に授かった我が子のために必死で生きて本当に辛かったでしょう。
しかし、素晴らしい人たちに出会い、助けてもらったことで最高の生活を手にいれることが出来ました。
これからはずっと安全なお家の中で幸せに暮らしていくことでしょう。