ある日、カナダのモントリオールの路上をひとりぼっちで彷徨っている子猫が発見されました。
発見した女性は母猫が近くにいるかもしれないと探しましたがしばらく経っても見つからないために子猫を保護し地元の動物保護施設へ連れて行きました。
子猫は生後3週間ほどとみられましたが、ガリガリに痩せており弱っていました。
スタッフのセリーヌさんは24時間体制で子猫をケアするために自宅へ移しました。

「パステル」と名付けられた子猫にセリーヌさんはずっと付き添い看護しています。

セリーヌさんの自宅には「マーシャ」という16歳の先住猫が暮らしています。
マーシャもパステルに寄り添い、たくさんの愛情を注いでくれます。
そのおかげでパステルは保護されてから数日過ぎると見違えるほど元気になったのです。

パステルは自分の足で歩けるほど元気になるとマーシャの後を付いていきます。
マーシャとパステルは毛色にそっくりでまるで本当のおばあちゃんと孫のようです。
パステルはマーシャが大好きでいつもくっついている様子がとても微笑ましくセリーヌさんの心を癒やしてくれるのです。

元気にセリーヌさんのシューズで遊ぶパステル。可愛いですね。
セリーヌさんとマーシャの愛に包まれ元気になったパステルはこれからもすくすくと成長し素敵な家族の元へと旅立っていくのでしょう。