7匹居る庭の猫たちの中で、若いダルタニアンは今年の春、大人の仲間入りをしました。
ガールフレンドができたのです。
近所に住む彼女の方がダルタニアンを気に入ってうちの庭に通い始めたのです。
今も2匹は庭でデートを重ねています。

そんなダルタニアンにはずっと変わらない習慣があって・・・

これです。

違う日の朝も

ほら・・・

ほかの猫と一緒の時もありますが、毎朝必ずそこにいるのはダルタニアンだけです。

ほら・・・ね。

あれ?

・・・今朝は別バージョンか?
そこかい!!

毎朝、私がご飯をあげるまで私を瞬きもせずに、穴が開くほど見詰めるダルタニアン。

空腹でないときのダルタニアンは普通の猫です。
食事を楽しみにしているってことなのでしょうが・・・

私は少々プレッシャーを感じています(´;ω;`)