妖精「猫耳」スケーター、銀盤に現る!

ロシアの13歳、【アリッサ・フェディチキナ】

今シーズンジュニアデビューしたばかりの13歳。
まだ幼さの残るあどけない表情がカワイイですね。

これがウワサの「猫耳」!

おお、間違いなく「猫耳」です。
可憐な容姿とマッチしていますね。

演じるのは、ミュージカル「キャッツ」

アリッサ・フェディチキナ (Alisa FEDICHKINA)(ロシア)
ミュージカル『キャッツ』より「メモリー」(ジュニア女子 2015- FS)
Nos souvenirs (Memory) by Mireille Mathieu

「猫耳」リボンだけじゃない!
手袋に「肉球」と「猫爪」。
そして、体毛の毛流れがうつくしく描かれた衣装。
ここまで「猫」なのに、ちゃんとステキ衣装なのがさすがロシアというべきか。
銀盤を猫のように駆け巡るアリッサちゃん。
これ、これです!!
このイーグルの時の、「にゃんこのポーズ」

スケートファンの声は?

Bzhyu8bt_normal

Yumu@Yumu_Waltz_123

アリサ フェディチキナ 猫ちゃん なんだこのかわいいの最上級みたいな猫耳は🐱 解説さん strong skaterと。 抜けは残念だったけど まだ13歳!!! これからもちょこっと 注目させてくださいな #JGPRiga #figureskating #RUS

2015-08-29 09時12分

Bzhyu8bt_normal

[email protected]杯27,29日求む@hofburgmay

アリッサ猫耳キャッツ可愛いー。ミスありだけど、なんか安心するというか^^;

2015-08-29 03時18分

Bzhyu8bt_normal

ちの@2114sn

アリッサちゃんは猫耳加点、猫手加点つけるべし(*>ω<*) あれはどう見ても街の可愛い娘猫であって娼婦猫じゃない(MEMORY)けどそれでいい。それがいい。

2015-10-03 06時13分

「猫耳」はアリッサちゃん本人もお気に入り!?

アリッサちゃん本人のアカウントから。
ダウンスタイルに猫耳もかわいいですね~。
こちらのイラスト画像、アリッサちゃんのアカウントにも捕獲されてアップされていましたよ♪

かわいい「キャッツ」の演技はこちら!

はじめからさいごまでカワイイです♪
見所は、2:15あたりの「にゃんこのポーズ」!
必見!

まだまだ「猫耳」キャッツの演技が観たい!

「妖精」のようなアリッサちゃんが演じるのは、「猫」のかわいらしさがそのまま表現された「キャッツ」。13歳の少女のあどけなさの残る演技は、「キャッツ」の「メモリー」の曲の解釈からはズレているのかもしれません。が、「あどけない」も猫の魅力のひとつと考えれば、これも、名プログラム&名衣装といえるのではないでしょうか。

銀盤には、まだまだいた! すてきな「キャッツ」スケーター

さらに!
ステキ「猫」スケーターはアリッサちゃんだけじゃなかったんです。
過去の「キャッツ」プログラムを調べてみると、猫好きにとっては珠玉の「猫」振り付け&「猫」衣装が見つかりました!
猫好きとしては、振り付けはもちろん、特に衣装がもろ「キャッツ」だと、もうテンションが急上昇しちゃいますよね。
そんな動画をご紹介します!

キュン♪【ヴァレリア・ゼンコワ&ヴァレリー・シニツィン】

ヴァレリア・ゼンコワ&ヴァレリー・シニツィン (Valeria ZENKOVA & Valerie SINITSIN)(ロシア)
Macavity Cat from Cats(ジュニアアイスダンス 2012-13 FD)
男の子の胸のフサフサが、なんだか長毛さんぽいですね。
女の子はトラ猫。お団子は、猫耳風のような雑伎団風のような...

シッポと猫メイクが秀逸♪【アンナ・ポゴリラヤ】

アンナ・ポゴリラヤ (Anna Pogorilaya)(ロシア)
Macavity Cat from Cats(女子シングル 2013-14 EX)
エキシビションならではの衣装とメイク!
この猫メイク、シーズン終盤に行くほど進化していってるんです。
ワールドの時の、お団子ヘアがかわいくってステキだったので、動画はそちらをセレクトしました。

オトナかわいい♪【川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ】

川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ (Yuko Kavaguti & Alexander Smirnov)(ロシア)
Macavity The Mystery Cat(ペア 2012-13 EX)

ピンクの衣装なのに、かわいらしいだけじゃない!
オトナかわいい♪魅力にあふれたキャッツです。

まとめ

いかがでしたか?
猫好きならずとも、またスケート好きならずとも「キャッツ」になりきるスケーターたちの演技には、心をわし掴みにされてしまいませんか。
ミュージカル「キャッツ」を題材にしたプログラムはご紹介したものを含めいくつかあったのですが、特にロシア組が素晴らしいと思いました。細やかに衣装にまで手を抜かず「猫」の擬人化に成功していました。
これからも、すてきな「キャッツ」に出会えることを期待したいと思います!




ロシアの「キャッツ」たち