ある日、1匹の猫「ワトソン」が保護施設に連れて来られました。
連れて来られた理由は体重が15.8kgになり大きくなりすぎて元の飼い主さんは世話が出来ないからということでした。
普通の成猫の平均体重が4kgほどなのでワトソンがいかに巨体かが分かります。
しかも施設に来たワトソンには複数の腫瘍もあり毛づくろいも出来ず、歩くこともままならない状態だったのです。
ワトソンは養育主のシーラさんに預けられることになりダイエット生活が始まりました。そして腫瘍は獣医さんに取り除いてもらったのです。

最初の数ヶ月間は歩行が困難だったためずっと2階で過ごしていましたが、体が徐々に軽くなってくると1階まで降りてくるようになりました。
シーラさんのおかげでワトソンは少しずつ活発になり歩けるようになりました。

体が軽くなってきたワトソンは性格も変わりいつも不機嫌そうだった顔に明るさが出てきたのです。
本当はとても親しみやすい遊ぶのが大好きな猫だったのですね。

とてもフレンドリーになったワトソンは一緒に暮らす先住猫の「ポージー」と仲良くなりました。

体重の減ったワトソンは今まで入ることが出来なかった猫用ベッドにも入り眠ることが出来るようになりました。
ワトソンはとても喜んでいます。

ワトソンは1年かけて5kg以上の減量に成功し、今では10kgほどになりました。
そしてイラストレーターのロビさんの家族の一員となったのです。
長い間、ワトソンは太っていたせいもありまだ健康に問題を抱えてはいますが、新しい飼い主さんのロビさんはきちんと世話をしてくれるそうです。
体重が減って遊び心たっぷりの猫に変身したワトソン。
優しいロビさんの元で幸せに暮らしていくことでしょう。