猫の「ミトン」と犬の「ココ」は2匹とも生後数ヶ月の頃に飼い主のトムさんのお家へ家族の一員としてやってきました。
ミトンはとても甘えん坊で家族にスリスリするのが大好きな可愛い猫です。一方ココは甘えん坊でいつも穏やかで忠実な犬です。
2匹ともとても家族を愛し懐いていたのですが、どういうわけかお互いが仲良くすることはありませんでした。

ミトンとココは家族とハグするのは大好きですが、お互いにハグすることは一度もありません。家族はそのうちお互いを受け入れるだろうと思っていたのですが、10年経っても2匹の関係は全く変わることはありませんでした。
そんな2匹を見て家族ももう仲良くなることはないだろうと思うようになったそうです。

ある日のこと、トムさんが自分の部屋に入ると驚きの光景を目にしたのです。
なんと、お互いを無視し続けていたミトンとココがお互いに抱きしめ合っていたのです。

あれほど距離を置いていた2匹ですが、仲良くなることを決めたのですね。
きっかけとして考えられるのはココが年齢を重ねたからか、動きが遅くなり急に老化が進んできたのをミトンが感じたことではないかとトムさんは言います。
2匹は1日の1~2回、3時間ほど寄り添っているようです。

現在、2匹はお互い抱き合うのが大好きでいつも近くにいて同じベッドでお昼寝しています。
一緒に暮らしているにもかかわらずずっと仲良しになることがなかったミトンとココ。
この13年の空白をまるで埋めようとしているかのように毎日一緒に過ごしています。
こうしてやっと深い絆で結ばれたミトンとココの幸せな生活が少しでも長く続きますように…