ある日、妊娠8ヶ月だった猫の「マイキー」は早産でしたが3匹の子猫を産みました。
しかし小さいため生まれてすぐに次々と子猫たちは亡くなってしまったのです。
飼い主のヒラリーさんはなんとか子猫を救おうと手を尽くしましたが、無念にも子猫たちを救うことができませんでした。
可哀想に我が子がいないことを受け入れることのできないマイキーはお乳が溜まりパンパンに張った乳房を抱えながら「私の子どもたちはどこ?」と言っているかのように我が子を探し回るのです。
見かねたヒラリーさんはマイキーを助けたいと動物保護施設「ドリズ・ダーリング」に相談しました。

施設を通じてマイキーの話を聞いたアマンダさんは4日前に引き取った母猫を失った3匹の子猫「テディ」「アビー」「リリー」をヒラリーさんに引き渡すことを申し出たのです。
翌日ヒラリーさんはマイキーを連れてアマンダさんの家に行きました。
そしてアマンダさんは絶望に浸るマイキーを抱きしめ言いました。
「私は貴方のことが大好き、心から信頼しているわ。私が育てている子猫をあなたにあげる。もう一度お母さんになれるのよ、マイキー」
マイキーの前に子猫たちを置くとマイキーはすぐに子猫たちを抱きしめ世話をし始めました。

そして2時間後にはお腹がいっぱいになった子猫たちを抱きしめながらマイキーは幸せそうに眠り始めたそうです。
まるで本当の親子のような猫たちの姿に思わず涙してしまいますね。

我が子を失ったマイキーと母猫を失った子猫たちは絶望の淵に立っていましたが、愛情深いヒラリーさんと心優しいアマンダさんのおかげで最高の幸せが授かりました。
これから先もマイキーは子猫たちに最高の愛を注いでいくことでしょう。